FC2ブログ

2011年11月 能舞台

2011年11月 付知峡~恵那峡~馬籠宿~妻籠宿~石苔亭いしだ
12 /09 2011




つ ついに 今回のメイン 高級旅館の話ですが・・

実は こちらの記事は 予約投稿です

只今 ちょっくら 出かけております (ё_ё;)エヘ



そこで 今回は 動画づくしです(笑)

旅館 『 石苔亭いしだ 』 は 夕食後に 能の舞台がありました





11能1






せっかくなので 皆さまに ご覧になって頂こうと 動画を撮りましたヨ (夫が)

本当は 全部で 30分以上 あった舞台なのですが 

さすがに そんなに 撮ってられないし 再生するのも面倒でしょう 

そこで 3分~5分くらいの 動画を 3本ほど 撮りました



興味のある方は お時間がある時に ご覧ください

3本目が やや 長いですが 

私は これが一番 『 能 』 らしいなと思いまいた

能を 初めて見た私が 言うのもなんですが・・・

正直 あんまり 見ることないですよね~

では どうぞ


















つづく


読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪



2011年11月 妻籠宿(つまごじゅく)2

2011年11月 付知峡~恵那峡~馬籠宿~妻籠宿~石苔亭いしだ
12 /07 2011




引き続き 妻籠宿の話です

松代屋は 妻籠宿では 有名な 宿だそうです





11妻籠9





私達は リサーチ不足で 写真を撮ってる時点では

そんな事は 全く 知らなかったのですが (ё_ё;)



こんな宿に 1泊し 静かな 夜に 外を そぞろ歩いたら

まさに 江戸時代の気分を 味わえそうですネ





11妻籠10







妻籠宿にも 高札場(こうさつば)が ありました





11妻籠11





こちらには こんな 説明書きがありまして・・・ 

『 今日でいう 「官報掲示板」 で 江戸時代の姿を復元しました

幕府が 庶民に対し 禁制や法度等を示したものです

お上のご威光そのままに 人々を見下ろすように高札が 掲げられています 』 と

今も昔も 役人が えらそうなのは 変わらないんですねー ( ̄ε ̄;)




下の写真は 脇本陣奥谷(わきほんじんおくや) 国の重要文化財です

入館料は 600円 入りませんでしたけどネ (ё_ё;)





11妻籠15





ここは 代々 脇本陣を勤めた 問屋だそうです

そこで脇本陣って なんぞや?…( ̄ー ̄?) と思った私は 少々 調べてみました


本陣と言うのは 公家や大名 公用で旅をする 幕府の役人などが

宿泊するための施設で 本陣だけでは 宿泊しきれなかった時に 

予備にあてた宿舎を 脇本陣といったのだそうです 


どちらも 宿場の有力者が 勤めたそうです

ただ 脇本陣のほうは 空いてれば 一般客も 泊れたみたいです





そして こちらの建物は 『 下嵯峨屋 』




11妻籠14




妻籠宿における 庶民の住居を 代表する形式だそうです

これを見て 私は あ?(▼ω▼)  と 思いました

問屋の家が あれで 庶民が家が これですかい?

ちょっと ずいぶんと 差が あり過ぎやしませんかねぇ?

庶民代表の私は 思いっきり ひがんだのでした キッ!(▼ω▼)





これは 超高速で 回転していた 水車です(笑) 






11妻籠16






なーんちって (・m・)ウソ 

シャッタースピードを 遅くして撮りました

それで とても 速く回っているように 見えるのです

実際に こんな勢いで 回ってたら はずれて 

コロコロ どこかに 転がってちゃいます(笑)




この建物は 熊谷家住宅といい 長屋を改造して造られたものらしいです

建物の形式を 熊谷家住宅と呼ぶんですかね?

イマイチ その辺が わからないんですけども




11妻籠12





私は てっきり ここは 熊谷さんちだと思ってました(笑)






11妻籠13





妻籠宿は 時間がなくて ザッと見ただけなので

あまり詳しくは 見れなかったのですが ここも 素敵な町並みでした


つづく




妻籠宿 (つまごじゅく) DATA

場所: 長野県木曽郡南木曽町吾妻

交通: 中央自動車道 中津川ICから木曽福島方面へ 約24km

JR中央本線 南木曽駅から おんたけ交通バス10分 徒歩1時間

駐車場: 有(有料) 乗用車  500円/1日

問い合わせ: 妻籠観光協会






読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪





⇒ ANAで行く!お得な冬のおすすめツアーの情報は こちら
http://tr.my-affiliate.com/u/?id=1228u.m892ff.p7c422s


⇒ インターネット専用プラン ハワイ特集のツアー情報はこちら
http://tr.my-affiliate.com/u/?id=1e08f.m532fe.p7c422s



2011年11月 妻籠宿(つまごじゅく)1

2011年11月 付知峡~恵那峡~馬籠宿~妻籠宿~石苔亭いしだ
12 /04 2011




妻籠宿についての まず 第一声は 

『 馬籠宿は 駐車場が無料だったのに 妻籠宿は お金取るんだね 』 でした(苦笑)

せこい事を 言うようですが この違いは いったい何 ( ̄ー ̄?).....??



馬籠宿の時にも 出てきましたが 

こちらの キーワード  『 枡形(ますがた) 』

枡形とは





11妻籠1





だそうです

看板は 撮っておきながら 実際の 枡形の写真を 撮らなったという

なんとも お粗末な話なんですけども (ё_ё;)

たぶん 『 馬籠宿1 』 の時に出てきた 

2枚目と4枚目の写真が そうではないかと思われ

写真では ややわかりにくいですが 2回 ほぼ直角に曲りました

なので たぶん あれが 枡形です・・・定かではありません

それから 夫が 

『 枡形だけどさ 最初だけ 直角に曲げても あとは ほとんどが 直線じゃん

それで 意味あんのかねぇ? 』 と 言いまして

私も 『 だよねぇー ( ̄ω ̄)  』 と 思いました 

枡形に対する 私達の 素朴な疑問でした






写真の左側 『 ねずこ下駄 』 という看板が かかっていますが





11妻籠2






ここが 妻籠宿に 1件だけある ねずこ下駄の専門店です

ねずことは 木曽五木 の一つで 軽く 堅く 水に強いことから

下駄に 最適な素材だと言われています






11妻籠3






素足に 履くと とても 気持ちいいらしいですヨ

妻籠宿も 宿場町らしい建物が 続いてました





11妻籠4



11妻籠5







舗装道路でなければ 馬籠宿と同様に ここは江戸時代か? と思うたたずまいでした

路地から ひょっこり お侍さんが 出てきそうでした(笑)





11妻籠6






11妻籠8





11妻籠7




妻籠宿の話は もう1話あります

つづく




妻籠宿 (つまごじゅく) DATA

場所: 長野県木曽郡南木曽町吾妻

交通: 中央自動車道 中津川ICから木曽福島方面へ 約24km

JR中央本線 南木曽駅から おんたけ交通バス10分 徒歩1時間

駐車場: 有(有料) 乗用車  500円/1日

問い合わせ: 妻籠観光協会






読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪


2011年11月 男滝と女滝

2011年11月 付知峡~恵那峡~馬籠宿~妻籠宿~石苔亭いしだ
12 /01 2011




馬籠宿まで 戻ってきた私達は 小腹が減りました 

しかし 来たる 夕食に備え ここは 軽ーく食べる事に

なんたって 今夜の宿は 高級旅館ですから

夕食は 残さず食べなきゃ もったいないってもんです !(`・ω・´)

この辺に 貧乏人根性が 出ますネ(苦笑) 



そこで おやきを 食べる事にしました

皆さんは おやきの具は 何が好きですか? 私は 野沢菜です (。^_^。)





11馬籠宿23





そこそこ お腹に たまるだろうと思っていたのですが・・

受け取ると  (゚ω゚) ん…? 軽い 




11馬籠宿24




想像してた おやきと ちょっと違いました

私が想像した おやきは 信州のもの? 

皮が白く分厚くて もっちりとしているタイプのものです 

なので 1個食べれば それなりに お腹にたまりますが

こちら 木曾のおやきは 皮が薄い 

薄皮あんパンような 生地でした(例えがわかりにくいかもですが)

具と皮の間には 空洞があって ふわっとして 軽かったです

おいしかったのですが 思ったほど お腹に溜まりませんでした (ё_ё;)


そこで じゃ 次は 栗きんとんアイスだ !(`・ω・´)

通常 11月といったら アイスは あまり売れない時期でしょうが

この日は 暑かったので 食べてる人が たくさんいました




11馬籠宿25





つられるように 私達も 買ってみました 





11馬籠宿26





おいしかったですが かなり 甘かったです

でも おかげで 満腹感は 得られましたけど


そして 帰り際 栗きんとんを買おうと 川上屋に入りました

川上屋って 結構 有名な店らしいですヨ





11馬籠宿22





入ると 『 ごめんなさい 今日は 団体さんが多くて 売り切れちゃたのよ 』

えーっ! がっかり  ( ̄ε ̄;) 

川上屋の栗きんとん食べてみたかった (´・ω・`)

仕方ない どこかで 違う店の物を買うとしますか・・・

そして 馬籠宿を 出発しました


次の 目的地は 妻籠宿です

向かう途中に 滝がありました




11馬籠宿29






こちらが 説明文にもありますが 左側の 男滝です





11馬籠宿27





そして こちらが 右側にあった 女滝です





11馬籠宿28





近づき過ぎて 水しぶきを 浴びちゃいました (ё_ё;)


つづく


読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪







2011年11月 馬籠宿~馬籠峠まで中山道を歩いてみた

2011年11月 付知峡~恵那峡~馬籠宿~妻籠宿~石苔亭いしだ
11 /28 2011




展望台を通過すると グッと 民家の数も減り

その代わりに こんな 大きな柿の木が ありました

柿が 鈴なりでしたぁ~  \(*^▽^*)ノ

この木は 特に まめに 手入れをしてる感じは

しなかったのですが 柿って 手をかけなくても 

こんなに たくさんの 実を つけるものなんですか …(ё_ё;)?



11中山道1




だったら うちにも 植えたい !(`・ω・´)ノ  柿 食べ放題でっせ (・m・)

でも 現実問題 こんなに大きくなられたら 困ります(苦笑)



さて 中山道を 馬籠峠まで 行ってみました









11中山道2





途中 舗装道路を 歩く事の方が多かったですが 

所々に 中山道は 今も その姿を 残していました





11中山道13






11中山道3






私は ジーンズに スニーカーという 服装でした

でも 昔の人は 着物に ぞうり姿で この道を歩いたんですよね (-""-;)

しかも 今のように舗装されてる箇所は なかったでしょうから

それで 江戸まで 旅するなんて・・・ 

昔の人は すごいです ーー( ゚д゚)





11中山道5






ゆっくり 歩くと 季節感が よく感じられました






11中山道4






普段は 車で 通過して 見逃してしまうような景色も

歩くと いろいろ発見できて 楽しかったし いい経験にもなりました





11中山道6





空は 青く 日差しも 暖かくて 歩くのが 気持ち良かったです (。^_^。)






11中山道7



11中山道8







しばらく歩くと また民家が 建ち並ぶ 集落が現れました

軒先には 柿が ズラッと 並び  もう少ししたら 

おいしそうな 干し柿に なりそうでした (*´ω`*)






11中山道9





人々は せっせと 仕事をしながらも 『 こんにちわ 』 と

挨拶をすると 気軽に 返してくれて 優しかったです

すごーく のんびりした 平和そうな 集落でした




峠の 少し手前に 県境がありました

ここが 岐阜県と長野県の 境目なんですね

誰もが きっとやるでしょう 真ん中に 立ってみました(笑)





11中山道10






そして 馬籠峠に 到着しました

標高は 801m


正岡子規の 『 白雲や 青葉若葉の 三十里 』の 句碑が

道標を兼ねて 建ってました





11中山道11





この峠は あまりに険しく 馬を引いて 峠越えができなかったため

旅人が 宿場に馬を預けて旅を続けたことから 馬籠宿 馬籠峠の

名が付いたと 伝えられます







11中山道12





中山道は この先も 妻籠宿まで 続いてました

でも 妻籠までは まだ 5.3kmもあったので 

さすがに そこまで行って 戻っ来るとなると

どっぷり 日が暮れてしまいそう (´・ω・`)

ここで 一旦 馬籠宿に 引き返すことにしました 

その後 妻籠宿には 車で向かいました


つづく





読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪





まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです