FC2ブログ

2018年12月 渋温泉 湯本旅館

2018年12月 大王わさび農場~渋温泉~戸隠神社~松茸山荘~長峰山展望台
12 /24 2018
安曇野は青空でしたが

渋温泉に向かうにつれ雪が降り始めました

スタッドレスタイヤにしといて良かったぁ

渋温泉着くと あたりははすっかり雪でした

本日の宿は 渋温泉 湯本旅館です

大人ひとり 1泊2食付き 税込 10800円 

別途入湯税150円


18渋1


18渋2


大正ロマンあふれる宿は

渋温泉でも なかなか人気な宿です


18渋3


18渋4



コーヒーメーカーの横に

ご自由にお飲みくださいと書かれてたので

せっかくなのでいただきました

こちらが お部屋です

さつきの間



18渋5


18渋6



風情のあるお部屋でしたが

何といっても寒い!

地球環境に配慮なんてしていられない

エアコンの設定温度は31度

それでも寒くて 部屋のガスストーブを点火

昔の人はこの寒さに耐えてたとは すごいです

教訓 大正ロマンあふれる宿は

真冬には泊まっちゃいけません

宿帳に住所を記載してると それを見た

女将が 常連さんで○○○にお住まいの方がいるんです

なんとそこは うちから電車で二つ目の駅でした

東京に行った時はその常連さんのお宅に

ごやっかいになり自転車で吉祥寺に

買い物に行くんですと言われました

自転車で吉祥寺? 遠くないですかぁ?と言うと

うん、でも40分くらい 渋温泉は坂道ばっかりだから

自転車に乗らないけど東京は平たんだから

嬉しくてどこまででも行きたくなっちゃうのと話してました

(東京も平たんじゃない所はあるんですけどネ)←心の声

何ともパワフルな女将でした(笑)

寒いので早速温泉に入りました

部屋の前の階段を下るとすぐ温泉でした


18渋7


18渋8



こちらは男湯です



18渋9



泉質は ナトリウム・カルシウム

塩化物・硫酸塩温泉

女湯のほうがもう少し広かったです


18渋10



渋温泉の特徴は なんといってもお湯が熱い

源泉温度は 51.4度

このうたせ湯なんか罰ゲームか!って

くらい熱くて あたれたもんじゃありませんでした(苦笑)

内風呂を通過すると 年季の入った卓球台がありました


18渋11


今回は 卓球はしなかったんですけどネ(笑)

そのまま奥に進んでいくと



18渋12


ちょっと 階段を上ったり下りたりしまして


18渋13

18渋14



その先に 貸切露天風呂がありました



18渋15




フロントで鍵を借りて入ります

空いていれば自由に入れました

内湯 露天ともに夜は12時まで

朝は5時からだったかな?と思います

露天風呂のお湯も熱めでしたが快適でした

内湯とは泉質が違い鉄分が多い感じがしました


では夕食です


18渋16


18渋17


18渋18



量が多くてさすがの私達も

残してしまいました(苦笑) スミマセン

夕食後 ひと眠りして再び露天風呂へ向かいました


18渋19



あまりにも静かで 音を立てるのが申し訳なくて

抜き足差し足忍び足で風呂に向かいました



18渋20


古いですがよく手入れされた宿は

ピカピカしてました

夜の露天風呂は 雪が少し積もってました



18渋21




渋温泉に泊まると 外湯めぐりができます

外湯は全部で9か所あり 宿で貸してくれる鍵を

使って入ることができます 私達は 

以前 渋温泉に泊まった時に経験済みです

この外湯めぐりってのが 結構大変でして(苦笑)

その時の記事は こちら   

なので今回は 雪も降ってる事だし

宿から一番近い大湯だけ行こうと決めてました

翌朝

玄関を出ると 左側に階段


18渋22



階段を下ると すぐ大湯



18渋23



こちらは男湯の入り口です


18渋24



女湯の入り口は この真裏にあります

風呂の造りは 男湯も女湯もほぼ同じです


18渋25


18渋26



源泉が出ている方が熱く

手前が少しぬるい


18渋27


18渋28



と言うのはウソで 

そもそも源泉が熱いので

奥がメッチャ熱く 手前も熱いです

地元の人は慣れてて平気そう

なので水でうめずらくガマンして浸かりました

風呂で体が暖まった夫が 



18渋29



近くの足湯の写真を撮ってきてくれました
 


18渋30



一晩で 結構積もりましたね


18渋31


その後 宿に戻って 

朝食をいただきました


18渋32


つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まんたさん、こんばんは!

その名の通り、実に渋い佇まいの旅館ですね。しかも、宿泊料もお手頃価格です
よね。その分、寒いのでしょうか?(笑)

でも、温泉はめっちゃ熱いんですね。50℃以上なんて、絶対無理です。というか
そんな熱さに耐えられる人間がいるのでしょうか?

この熱い温泉の熱を利用して、床暖房とかにできないんでしょうかね。そうすれ
ば、部屋の寒さも解消できる気がしますけど・・・。

コンタロー さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(^◇^)

情緒豊かで素敵でしたが
やはり冬は気密性の低い宿は
やめた方がいいと実感しました(笑)

源泉温度は50℃以上ですが湯船に流れ込むと
多少、温度が下がるって設定なんだと思います
でもね、下がるったって限度がありますもんね~

私もこの熱い温泉は暖房に利用できるんじゃないかと
夫に言ったら設備投資に相当お金がかかるんじゃないの?
と言われ確かにそうかもって納得しました

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです