スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年7月 松尾鉱山跡

2014年7月 南三陸さんさん商店街~栗駒山~乳頭温泉~八幡平(藤七温泉)~網張温泉~だいこんの花
11 /14 2014





圭君 やりました  \(*^▽^*)ノ

準決勝 進出 おめでとう! パチパチパチパチ

寝不足でしたが 爽やかな朝でした(笑)

終わってみれば 圧勝! みたいな感じでしたけど

見ている間は もう ハラハラ ドキドキでした(笑) 

ホント 勝てて良かった 

準決勝も 勝ってほしいなぁ~ (*´ω`*)




・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*





では 前回の続きを

藤七温泉を出発後 どしゃ降りの中を走りました

うっ ガスって 前が見えない …(p_q)




14松尾鉱山1






八幡平の観光をあきらめて 次に向かったのは盛岡でした

アスピーテラインを 岩手県側にぐんぐん下ると 源太岩がありました









14松尾鉱山2






先端の尖ってるのが 源太岩です

このあたりに来ると 雨は すっかり止んでました

その後も ぐんぐんアスピーテラインを下って行くと

まもなく 松尾鉱山跡が見えてきました

鉄筋コンクリートの建物が 山中に 廃墟として残されています 






14松尾鉱山3






2011年の時は 遠くから写真を撮っただけでしたが

今回は すぐ近くまで行ってみました

ただ 建物の中は 崩れ落ちる危険があるので

絶対に入らないでくださいと 注意書きがありました

私達は 危険を犯すつもりはないので 外観の写真だけです




14松尾鉱山4





そんな 注意書きを無視して入り

落書きまでする とんでもないやからもいるようです

しかし  昼間だからいいけど  夜に来たら

ここは 完全に 心霊スポットですねぇ(苦笑)





14松尾鉱山5







松尾鉱山については 以前 ブログの中で 話しましたが

見てない方や 忘れちゃった方がいるかもしれませんので

もう一度 同じ文章を 載せますネ

ちょっと長いけど 読んでくださいませ





14松尾鉱山6







松尾鉱山は 明治15年(1882年)から 約半世紀にわたり 

八幡平市に存在した硫黄鉱山です 

標高1000m 人里離れた土地に 独立した自治都市の様な会社が設立されました

その後は 国策にも乗り 最盛期には 人口が 14000人もなったそうです

近代的な 集合住宅 学校 病院 映画館などが 立ち並び 

当時は 『 雲の上の楽園 』 とも呼ばれ もてはやされたそうです

しかし 時代は 移り変わり 1969年 半世紀続いた 

東洋一の硫黄鉱山も 幕を 閉じる事になりました

しかし 閉山したとはいえ 硫黄の鉱脈は 大半が残りました

坑道跡などに 雨水や雪解け水が触れ PH2以上と言う

強酸性の 鉱毒水が 湧きだす事になります

そして その水は 北上川を 赤茶けた 死の川にしてしまいました

清流を取り戻そうと 中和処理施設(100億円)が造られました

そのおかげで 死の川は 清流に戻りましたが 

今もなお 毎年 6億円もの処理費用が かかっているそうです

岩手県の財政では 困難で ほとんどが国の援助で まかなわれています

根本的には 鉱毒水の流出を止めるべく 坑道を埋め戻す必要がありますが

半世紀近くに渡って 掘り続けた坑道を埋めるには 更に膨大な予算が必要で

現状では 無理のようです







14松尾鉱山6-





松尾鉱山は 多くの人の生活を 支えてきた反面 

鉱毒水と言う 負の遺産を 残してしまいました

栄華のあと 負の遺産として 生き続ける 松尾鉱山は

現代の 原発を見ているようです







14松尾鉱山7






この光景を眺めていたら 

『 夏草や 兵どもが夢のあと 』 という句を思い出しました

つづく



ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まんたさん、こんにちは!

この廃墟の写真は、以前のまんたさんの記事で記憶にあり
ます。遠くから見てもちょっと不気味な感じだけど、近く
で見ると、よりその感じが強まりますね。

こういうところで、うっかり中に入ると危険でしょうね。
入らなかったのは、賢明だったと思います。

まさに、芭蕉の句がぴったりの風景ですねぇ。

コンタローさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(^◇^)

コンタローさんは、この廃墟を覚えててくれてましたか
そうそう、昼間でもちょっと不気味でした
夜は絶対に来たくないって感じでした(^^;)
そんなに多くではありませんが私達みたいに
写真を撮っていく人達を見かけましたヨ

こういう廃墟って入って万が一崩れたら
自分もケガするのはイヤだけど助けられた後に
それ見たことかと思われるのも恥ずかしいです。

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。