2013年7月 知床グランドホテル 北こぶし

2013年7月 知床半島
08 /19 2013







国道334号線を 知床方面に向い走っていると 

道路沿いの駐車場に たくさんの車が止まっていました 

『 何かな? 』 と止まってみると 『 オシンコシンの滝 』 でした





13北海道59












オシンコシンと言う名前は アイヌ語の 『 川下にエゾマツが群生するところ 』

という意味の言葉が 変化したものらしいです

滝は水量が多く 滝の横の階段を上っていく間も 水しぶきがすごかったです

濡れても 夏だから ぜんぜん平気でしたけど 







13北海道60







途中から 流れが2つに分かれていることから

「双美の滝」とも 呼ばれているそうです







13北海道61


13北海道62








サラッと見学し 先を急ぎました

滝の向かい側は オホーツク海で

見ると だいぶ日が 傾いて来てました 急がなきゃ!





13北海道63






今回の旅は 知床に 3泊しました 最初の2泊を

知床グランドホテル北こぶし  に泊りました 



ロビーに 流氷が置かれてました





13北海道64






やっぱり 流氷は 大海原にあってこそ!って感じがしました

ケースに入っている流氷は 単なる雪の固まりで

あまり ありがたみが感じられなかったです(笑)



部屋は こちら 広々してました






13北海道65





食事は 朝夕ともバイキング 

品数も多くて 2泊くらいする分には なにも問題なかったです

宿泊客に 外国人が 多かった気がします

玄関 入り口に 足湯がありました






13北海道66


13北海道67






せっかくなので 入ってみました

ちょっと 熱めの湯でした


大浴場の湯も 全体的に 熱めでした

泉質は ナトリウム-塩化物泉 

ちょっと しょっぱくて 薄茶色の湯でした









13北海道69






こちらは 大浴場内の 露天風呂です






13北海道68






サウナ






13北海道70







そして 屋上にあった 露天風呂

(大浴場から 階段で行かれます)








13北海道71


13北海道72








これらは すべて 男性風呂の写真です

女性用風呂も 造りは ほぼ同じで 

見える景色が 若干違う程度でした




風呂場で イギリス人 女性に出会いました

温泉宿って それなりの宿だと パウダールームに 化粧水や乳液 

トリートメント ピーリング剤 日焼け止め ボディークリームなどなど

数種類 置かれているじゃないですか 品ぞろえがいいと言いますか 

ここの宿も そうでした しかし それらの関しては 英語の表記が 

ほとんどされてないので そのイギリス人女性は 何をつければいいか 

すっごい悩んでて・・・ いくつも 手につけては 洗い流してました

正直 私は英語が あまり得意ではないので しばらく見てたんですが

だんだん 気の毒に思えてきて 意を決して 『 May I help you? 』と

声を かけてみました そしたら 顔につけるのが どれだかわからない

と言われました・・・その後 カタコト英語と言うより ほぼ単語で会話しながらも

なんとか会話が成立 無事に 化粧水と乳液をつける事が出来ました(笑)

彼女は少し 日本語が分かるそうで 聞いたら たまたま部屋が近かったので

部屋までの帰り道 日本語交じりの英会話をしました(笑)

別れ際 ありがとう あなたの英語は とてもわかりやすかったです

と こんな感じの事を英語で言われまして すごくうれしかった

会話って言うよりは たんなる 単語の羅列だったんですけど(苦笑)


つづく 



ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!としてくれるとうれしいです
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まんたさん、今晩は!

オシンコシンの滝と聞いて、お新香を想像してしまった
そそっかしい人間は、きっと私だけでしょうね。(笑)

北海道では変わった地名を時々見かけますが、この滝も
アイヌ語から来ているのでしょうか?

困っている外国人に救いの手を差し伸べるとは、さすが
まんたさん!!きっと、その人は日本人に良いイメージ
を持ったでしょうね。

外交の基本というのは、案外そのようなところにあるの
かもしれませんね。

No title

オシンコシンの滝と言えば、売店の名物猫ちゃん!
まんたちゃん、見なかったのかな?と思ったけど、確認したら2010年に死んじゃったらしい...

片言での会話。
それくらいの方が記憶に残るし!
人助け(?)できて良かったね!

コンタローさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

いやいや、コンタローさんはまだ上品です
うちの夫はおしっこの滝と言ってました(~_~;)

北海道の地名はホントにお馴染みのない
名前が多くて覚えにくいです(>_<)
オシンコシンとは、アイヌ語の『川下にエゾマツが群生するところ』と
いう意味の言葉が変化したものらしいです

ハハ、外交とまではいきませんが
多少は日本のイメージアップにつながったでしょうか?(笑)
英語が苦手な者としては、へたに話しかけて
いっぱい話しかけられては返って困る!みたいな思いがあって
なかなか話かけられないんですヨ(苦笑)
とりあえず今回は通じてホッとしました(笑)


愛されている妻さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

お久しぶりです♪
元気になられたようで良かったです(^-^)

オシンコシンには、名物猫ちゃんがいたんですよね~
もっとはやく行ってれば・・一目お会いしたかったです(T_T)

片言での会話と言うより単語だけって感じです(~_~;)ハズカシイ
しかも中学生レベルだったし(-"-)
でも少しでも役に立てたなら良かったです
日本のイメージアップになったかな?(笑)
また日本に遊びに来てくれればうれしいですしね♪

こんばんは♪

オシンコシンの滝っていう名前の響きが北海道っぽいですね。
オホーツク海・・・ワンとのも大好きなあんな海産物や
こんな海産物がある海ですね(〃∇〃)
「食いて~!!」と画像に向かって叫びたくなりました。

見知らぬ土地での親切は印象に残りますよね。
特に外国だと言葉の壁があって不安倍増だし。
いつか自分も助けてもらうかもしれないと思ったら
言葉はたどたどしくても民間外交って大事だと思います。
それにしても、最近は結構、英語対応できていると思ってましたが、
まだまだ盲点があるものですね。

こんばんは♪

まんたさん、こんばんは♪
オシンコシン・・・・言い間違わないように気をつけないと(笑)
しかし、すばらしい滝ですね。爽快ですね。
露天風呂も良さそう~~~!
茶色い塩化物泉なのも良いですね。
凸ぽち!

ワンともさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

そうそう、北海道の観光地って
変わった名前が多くて・・覚えにくいです(笑)

やっぱり海はおいしい物が多いですよね~
しかもガッツリ食べても太らないんじゃないかと
錯覚してた私、それが大きな勘違いだと
最近やっと気がつきました(~_~;)

もし外国で自分がわからなかったら・・
やっぱり助けてもらいたいですもんね~
民間外交だなんて大それたもんじゃなかったです
部屋までの道すがらヒグマの話とかいろいろしてみたんですが
どこまで通じたのか自分でも不安です(笑)

風呂の入り方は最近はどこにでも書いてありますが
化粧品までは書いてなかったですよね
今まで私も気がつきませんでした

Kei さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

Keiさん、それはもしかしてオ○ンコですか?(笑)

滝は気持ち良かったです。
マイナスイオンがたっぷりなんですかね?
行った時は知らなかったですが
どうやら滝の上まで歩いて行けたみたいなんですよ~
行けば良かったです(>_<)

風呂は良かったですよ~でもちょっと熱かったけど
保温効果が高いみたいで出た後もしばらくは暑かったです
応援ありがとうございまーす(^-^)

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです