2011年11月 馬籠宿~馬籠峠まで中山道を歩いてみた

2011年11月 付知峡~恵那峡~馬籠宿~妻籠宿~石苔亭いしだ
11 /28 2011




展望台を通過すると グッと 民家の数も減り

その代わりに こんな 大きな柿の木が ありました

柿が 鈴なりでしたぁ~  \(*^▽^*)ノ

この木は 特に まめに 手入れをしてる感じは

しなかったのですが 柿って 手をかけなくても 

こんなに たくさんの 実を つけるものなんですか …(ё_ё;)?



11中山道1




だったら うちにも 植えたい !(`・ω・´)ノ  柿 食べ放題でっせ (・m・)

でも 現実問題 こんなに大きくなられたら 困ります(苦笑)



さて 中山道を 馬籠峠まで 行ってみました









11中山道2





途中 舗装道路を 歩く事の方が多かったですが 

所々に 中山道は 今も その姿を 残していました





11中山道13






11中山道3






私は ジーンズに スニーカーという 服装でした

でも 昔の人は 着物に ぞうり姿で この道を歩いたんですよね (-""-;)

しかも 今のように舗装されてる箇所は なかったでしょうから

それで 江戸まで 旅するなんて・・・ 

昔の人は すごいです ーー( ゚д゚)





11中山道5






ゆっくり 歩くと 季節感が よく感じられました






11中山道4






普段は 車で 通過して 見逃してしまうような景色も

歩くと いろいろ発見できて 楽しかったし いい経験にもなりました





11中山道6





空は 青く 日差しも 暖かくて 歩くのが 気持ち良かったです (。^_^。)






11中山道7



11中山道8







しばらく歩くと また民家が 建ち並ぶ 集落が現れました

軒先には 柿が ズラッと 並び  もう少ししたら 

おいしそうな 干し柿に なりそうでした (*´ω`*)






11中山道9





人々は せっせと 仕事をしながらも 『 こんにちわ 』 と

挨拶をすると 気軽に 返してくれて 優しかったです

すごーく のんびりした 平和そうな 集落でした




峠の 少し手前に 県境がありました

ここが 岐阜県と長野県の 境目なんですね

誰もが きっとやるでしょう 真ん中に 立ってみました(笑)





11中山道10






そして 馬籠峠に 到着しました

標高は 801m


正岡子規の 『 白雲や 青葉若葉の 三十里 』の 句碑が

道標を兼ねて 建ってました





11中山道11





この峠は あまりに険しく 馬を引いて 峠越えができなかったため

旅人が 宿場に馬を預けて旅を続けたことから 馬籠宿 馬籠峠の

名が付いたと 伝えられます







11中山道12





中山道は この先も 妻籠宿まで 続いてました

でも 妻籠までは まだ 5.3kmもあったので 

さすがに そこまで行って 戻っ来るとなると

どっぷり 日が暮れてしまいそう (´・ω・`)

ここで 一旦 馬籠宿に 引き返すことにしました 

その後 妻籠宿には 車で向かいました


つづく





読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まんたさん、今晩は!

おっしゃる通り、昔の人は足が丈夫だったんでしょうね。
徒歩で長旅をするなんて、現代人には考えられません
ものね。私も、もっと歩かなくちゃいけないなぁ・・・。

今年の柿は、当たり年のようです。あちこちでもらって、
何度も食べました。それにしても、写真の木は鈴なりで
すねぇ。いくらまんたさんでも、食べきれないと思います
よ!!(笑)

No title

都会と違って街の人々がのんびりと生活しているので、
こういう古道を歩くと、時間が止まったような感じになりますね。

たまには都心の雑踏から離れてこういうのんびり旅もいいですね。
しかし、昔の人は、こういう道を歩いて江戸に行ってたんですから
体力あったんですね。

こんばんは☆

柿が美味しそうですね~。
長野県と岐阜県の境い目……Google地図を見てみたんですが、結構な山の中ですよね。
奈良井宿までは何度か自力で(車で)行ったことあるんですけど、馬籠宿はもっと南なんですね。

中仙道って、結構「旧・中仙道」として残っていますけど、
群馬・長野の境い目の碓氷峠近くの旧中仙道なんて獣道のような酷い山道でしたよ。
使われなくなって、すたれて獣道化してしまったのかもしれませんが。

凸d(^ー^)pochi

No title

柿ね、植えっぱなしでなんにもしなくても実がなるわよ。
ただ、桃栗3年柿8年って言うくらいだから、実がなるようになるまでには時間がかかるのかな。
父の所の柿の木(富有柿)はそんな鈴なりにはならないし、表年と裏年があって、うちは今年は裏年だったみたい。
写真の木はもしかして渋柿かも。

中山道、いい雰囲気♪
そういえば、高校の旅行でも妻籠も行ったわ。
あれから早ウン十年(笑)。
私は変わっても、あの辺の雰囲気は変わらないんだろうな~。

コンタローさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

ですよねー、昔の人は足が丈夫な上頑丈だったんですかね?
ぞうりで旅なんかしたら、足はマメだらけになって
血だらけになりそうです(~_~;)

私も最近あまり歩かないです
もっと歩かなくちゃいけないと思うんですが
つい楽をしたくなります(苦笑)

私も今年の何回か柿を食べましたが
甘くておいしかったです
やっぱり庭に果物の木があるのはいいかも(笑)
柿って果物の中ではあまり当たり外れがないような気がしませんか?
桃は外れだと、ものすごーくまずいです(~_~;)

美雨 さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

都会は便利でいいんですけど
やっぱり静かでのんびりの生活にも憧れます
自給自足までは無理ですが田舎暮らしもしてみたいです
なーんて、実際に住むと大変なのかもしれません
旅くらいがちょうどいいのかもです(~_~;)

昔の人は、体力あった上に頑丈な足の持ち主だったと思います
ぞうりで江戸まで行ったらマメだらけになって
血だらけになりそうです(苦笑)

かやさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

かやさんも、もしかして柿好きですか?
私は好きな果物の中で柿は上位にきます(笑)

馬籠峠は、結構山の中でしたよ
観光案内所の掲示板に中仙道に熊が出ましたと書かれてました
いつの情報かわからなかったけどちょっとビビりました(笑)

代表的なのは馬籠宿や妻籠宿ですが
他にも落合宿とか中津川宿とかたーくさんありました
全部見る余裕がなかったですけど

へー碓氷峠にも旧中仙道があるんですか
車ではよく峠越えするんですけど知らなかったです
使われなくなった道って、うっそうとして
何か出てきそうで怖いですよね(~_~;)

いつも応援ありがとうございまーす♪

愛されている妻さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

やっぱり柿ってほっといても実がなるんですね
でも8年もかかるんじゃちょっとな~(苦笑)
そう言えば果物の木ってたくさん生る年とならない年があるんですよね
やっぱりスーパーで買った方がてっとり早そうですね(笑)
それに写真の柿は形が渋柿っぽいですよね
あんなに生ってても鳥が食べてないって事はやっぱり渋柿なんだ

中山道は、なかなか面白かったです
修学旅行生たちはジャージ姿で歩きながら
妻籠宿まで行くと言ってました
私達は車で向かいましたけど(~_~;)
この後は妻籠の写真がでてきます
妻さんは懐かしいかも~♪

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです