2011年11月 馬籠宿1

2011年11月 付知峡~恵那峡~馬籠宿~妻籠宿~石苔亭いしだ
11 /23 2011




2日目は 中山道馬籠宿(なかせんどう まごめじゅく)を 歩いてみました

ここで 簡単に 馬籠宿の説明をします

馬籠宿は 中山道六十九次の 日本橋より数えて 43番目の宿場町です

明治と大正の 火災により 江戸時代からの 古い町並みは

石畳と枡形を残し すべて消失しましたが (枡形の説明は後日)

その後 復元されて 現在の姿になったそうです

また 文豪 島崎藤村の 生家があることでも 知られています






11馬籠宿1






江戸に 八十里半  京に 五十二里半 と書かれてました

里という単位は  私達には イマイチ 馴染みが薄いので

kmで 表しますと 1里は 約 4km 

ですから 江戸までは 約 322km 

京までは 約 210km って事になりますネ


江戸までは 到底 無理ですが 私達は 馬籠峠まで 行ってみる事にしました

片道 3km弱 だそうなので 往復 約 6kmの 道のりです 

では スタート





11馬籠宿2






石畳の 坂道を 上り始めました

木曾の馬籠宿と 信州側にある 妻籠宿は 古い町並みが 有名で

どちらも 多くの観光客で 賑わう 人気スポットです  

ただ まだ 朝10時を 過ぎたばかりだったので 人影は まばらでした

この後は どんどん 混んできましたけど



変わった 消火器 みつけました …パシャッ! Σp[【◎】]ω・)




11馬籠宿3





これで 本当に 火 消せるんでしょうかネ …(ё_ё;)? オブジェ?


坂道は どんどん 急になっていきました






11馬籠宿4





歩き始めて すぐに 気がつくのが 道の端を 流れる水です

ここ馬籠は 道が 傾斜していることもあって 

その水の 流れの勢いは 早かったです




11馬籠宿0




かつ 水は澄み とてもきれいで 

多くの家が 玄関先で 鯉を飼っていました



水車小屋が ありました

水の勢いがいいので 水車も グルグル 回ってましたヨ(笑)




11馬籠宿5





このペースで歩くと 非常に時間が かかりそうでしたが(苦笑)

せっかく来たので ゆっくり 見て回る事にしました



先に進むと こんな 建物が・・・

但馬屋は 現在も営業してる 民宿です






11馬籠宿6







いろいろ試したら セピアにするのが 一番 この建物に マッチしました

いい感じ しませんか?(笑)




更に 道を上って行くと






11馬籠宿7






本当に 風情のある町並みが 続いてました





11馬籠宿8





江戸時代に タイムスリップしたかのようでした  

江戸時代は 知らないんですけどネ (ё_ё;)



郵便局も いい感じでしたヨ 






11馬籠宿9-






ここから 記念郵便を出す方が たくさん いらっいゃるそうです

土産屋さんの 店先に かわいい にゃんこの置き物が 並んでました





11馬籠宿10-






馬籠宿は まだまだ 続きます


つづく



馬籠宿 (まごめじゅく) DATA

場所: 岐阜県中津川市馬籠

交通: 中央自動車道 中津川ICから約15km

JR中央本線 中津川駅から北恵那交通バス馬籠行き30分 終点馬籠下車

駐車場: 有(無料)

問い合わせ: 馬籠観光協会




読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 ちょっと古いですが、木枯らし紋次郎が飛び出してきそう街並みですね。
 お団子何かが似合うんでしょうね~・・・。(^o^)/
 

No title

まんたさん、今晩は!

まるで、時代劇のセットのような町並みですね。黄門様
御一行に出会いませんでしたか?(笑)

旅先を自分の足で歩いてみると、色々な発見があって
楽しいですよね。でも、あの防火用水じゃ、火事は消え
そうにありませんね・・・。

こんばんは☆

イイ感じです!!d(^ー^)
結構坂道な場所の宿場なんですね~。
妻籠もこちらも行ったことがないので見れて嬉しいです。
ニャンコの置き物がほっし~~!o( ゚ ▽ ゚ )

凸d(^ー^)pochi

びんさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

フフ、確かに紋次郎が歩いてそうですネ
今の若い方は木枯らし紋次郎と言われてもピンとこないでょうが
すぐにわかってしまう自分がちょっと悲しいです(~_~;)

私はおやきを食べました。
後半に出てきまーす(^-^)
 

コンタロー さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

時代劇のセットのようなのに、実際に
人が暮らしてるのがビックリでした(@_@)
黄門様 御一行には会いませんでしたが
修学旅行?御一行様がいてかなり賑やかでした(~_~;)
でも本当にはるか昔に
黄門様御一行が歩いたかもしれませんよね

歩くといろいろな発見ができて楽しかったです(^-^)
もしかしてあの消火器?の下には
ごっつい消火栓が隠れてたのかもしれません(笑)

かやさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

馬籠宿は山あいの宿場町なので坂道が多かったです
フフ、馬籠宿のあとに妻籠宿に行ったので
馬籠宿の話が終わったら次は妻籠宿の話ですヨ 
お楽しみに♪

猫好きなので、ついニャンコのものに目がいきます(笑)
毎度、応援ありがとうございまーす(*^_^*)

No title

こんばんはー

うおお、、、バタバタ過ごしてる間にたくさん更新されてる…!!
まとめて拝見すると、紀行本を読んだような気持ちになれて楽しい…i-80

岩が面白いっ
獅子、というかリーゼントみたいに見えますよね笑
品の字…確かに品だ。。。これ、耐震的には強いのかちょっと気になりますよね
でも今まで持ちこたえてきたんだから、絶妙のバランスをとってるのかもしれない・・・

ルートイン、私も結構使ってましたi-179
現地とか食べ物に費用をかけたいときは、お宿はルートインでも全然オッケ~♪派です^^


今回はほんとにここは21世紀の現代日本なのか…という感じですねえ^m^
但島屋さんのショット、かっこいいです
セピアっていいですよねえ
逆に未来的なものをセピアで撮ったらどんな感じなのかなー
いつかUFOに遭遇したらセピアで撮ります
っていつだよっ笑←さまーず三村的に

こういうところに住み着いてる猫って、大都会に連れてったら
うわーって思うのかなあ??

☆パノラマの写真、すごくキレイでした…!
点々といろんな色が散りばめられている紅葉、見とれてしまいます
ありがとうございましたi-179
ポチ

No title

本当に江戸時代にタイムスリップしたような街道ですね。
映画のセットみたい。
風情があって、興味をそそります。行ってみたいです。
セピア色がよく合ってますね。
こういう街並みはずっと残して欲しいものです。

やまねこさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

遡って読んでいただいてありがとうございます
獅子岩のリーゼント笑えました
確かにそんな風に見えますね(笑)
品の字岩は、地震で落ちたら名前変えるんでしょうかね?(笑)

ルートインっていいですよねー
他にはドーミインがなかなか良いですよ
私は大浴場があればビジホでも全然オッケーな人です(^-^)

馬籠宿や妻籠宿は、本当によくまぁこんな姿が
今も残ってるもんだと感心しました
馬籠宿の話が終わったら次は妻籠宿になります

セピアの写真っていいですよね
新たな発見でした。モノクロより味がある感じです
未来的なものをセピアにしたら、また違う良さが出そうですね
今度やってみます(^-^)
UFOにはなかなか遭遇出来そうもないけど見たら、ぜひセピアで(笑)

今回、馬籠宿でニャンコ見かけなっかったですけど
人が多かったし、きっとどこかに潜んでたはずです。
やまねこさんが言うように、ここのニャンコ達を
大都会に連れてったら絶対におのぼりさんになりそうです(笑)

パノラマ写真は最近ちょっとハマってるので
時々出てきます(笑)
いつも応援ありがとうございます♪

美雨 さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

本当に映画のセットみたいな所でした
人気スポットなので人が結構いますが
土産物屋さんを見たり食べ歩きしたりするの楽しかったです

この通りにセピア色はとてもマッチしました
こういう街並みを残すのって住んでる方達は
きっと大変だと思いますが、がんばって欲しいです

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです