2011年8月 黒谷地湿原・まぼろしの雲の上の都市

2011年8月 作並温泉~栗駒山~横手~八幡平~藤七温泉~五色沼
10 /17 2011



八幡平山頂から アスピーテラインを 

岩手県側に 下っていくと 黒谷地湿原がありました

道路から 湿原は見えませんが 道から 木道を 

2kmくらい 歩いていくと





11黒谷地1







黒谷地湿原が  目の前に広がりました (* ̄ω ̄*) 






11黒谷地2-







この写真だけ なぜ サイズが大きいかと申しますと

2枚の写真を パノラマ合成してみました !(`・ω・´) 

結構 きれいにできたでしょ? ←自画自賛

やり方を教わったもんでネ チャレンジしてみたんです(笑)

この写真では イマイチ パノラマ感が 伝わりにくいですが

今度 山の写真を 270度くらい撮って 合成してみたいと思います







11黒谷地3







黒谷地湿原を起点として 山頂へ向かうコース 茶臼岳登山コースなどがありました

どちらも 若干の体力と 装備が必要のようです

私達は そのまま 来た道を 引き返しましたけどネ



再び アスピーテラインを 岩手県側に下っていきました

最終日も 雲が多めの天気で






11黒谷地6







岩手山の山頂は 雲に覆われてました







11黒谷地4






道路の脇に 大きな岩がありました

源太岩というそうです






11黒谷地5






たぶん 安全は 確保されてるんでしょうが

地震で ゴロンって転がってきそうだ (ё_ё;)


このあたりから 少々 尿意を もよおしてきまして

しばらく 山を下ると キレイな公衆トイレが ありました

これは ラッキー!(* ̄ω ̄) と入り 

用を足して出てくると こんなパネルがありました






11松尾鉱山1


 



まぼろしの 雲の上の都市? ラピュタか …(ё_ё;)?

そう言えば さっき この写真 撮ったわ なんて思いながら

その時は よくわからなかったのです 

スイマセン 無知で ( ̄ε ̄;)  




11松尾鉱山2






帰ってきてから 詳しく 調べてみました 

ちょっと 長くなりますが 読んでね♪


上の写真は 松尾鉱山の 夢のあとでした

鉄筋コンクリートの建物が 山中に 廃墟として残されてました



松尾鉱山は 明治15年(1882年)から 約半世紀にわたり 

八幡平市に存在した硫黄鉱山です 

標高1000m 人里離れた土地に 独立した自治都市の様な会社が設立されました

その後は 国策にも乗り 最盛期には 人口が 14000人もなったそうです

近代的な 集合住宅 学校 病院 映画館などが 立ち並び 

当時は 『 雲の上の楽園 』 とも呼ばれ もてはやされたそうです

しかし 時代は 移り変わり 1969年 半世紀続いた 

東洋一の硫黄鉱山も 幕を 閉じる事になりました

しかし 閉山したとはいえ 硫黄の鉱脈は 大半が残りました

坑道跡などに 雨水や雪解け水が触れ PH2以上と言う

強酸性の 鉱毒水が 湧きだす事になります

そして その水は 北上川を 赤茶けた 死の川にしてしまいました

清流を取り戻そうと 中和処理施設(100億円)が造られました

死の川は 清流に戻りましたが 

今も 毎年 6億円もの処理費用が かかっているそうです

岩手県の財政では 困難で ほとんどが 国の援助で まかなわれています

根本的には 鉱毒水の流出を止めるべく 坑道を埋め戻す必要がありますが

半世紀近くに渡って 掘り続けた坑道を埋めるには 更に膨大な予算が必要で

現状では 無理のようです


松尾鉱山は 多くの人の生活を 支えてきた反面 

鉱毒水と言う 負の遺産を 残してしまいました





11松尾鉱山3





栄華のあと 負の遺産として 生き続ける 松尾鉱山は

現代の 原発を見ているような 気がします


つづく


読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ふ~む。
その背景を知ると、余計に虚無感漂って見えるね。
ほんとにラピュタみたい...

No title

まんたさん、今晩は!

この廃墟には、そんな背景があったんですね。

山の中にポツンと似つかわしくない廃墟があるっ
ていうのは、何とも不気味な感じがします。

おっしゃるように、今の原発に通じるものを感じて
しまいますねぇ・・・。

こんばんは☆

タイトルを見て「ラピュタか?」と思いました(^^;)
アスピーテラインはレンタカーで爽快に走った記憶があるんですが、この廃墟には気付かなかったです。
この山の中に築かれた楽園、まるで桃源郷ですね。
しかし、その時期の経済を支えた場所とはいえ、負の遺産としての負担が大きいと何か悲しいですね。
原発だって核燃料廃棄物は地下施設に埋めて何百年も(2000年でしたっけ?)保管しないとならないんですよ。
今の一時的な豊かさのために、負の遺産を長く後世に残してはいけない、そういう教訓としてほしいですね。
鉱山といえば我が栃木県にも有名な足尾銅山があります…。

凸d(^ー^)ランキングpochi!

No title

まんたさん
初めましてこんばんはです^^
とても興味深くブログを読ませて頂きました。
西部警察のロケとかで使えそうですね・・・

私も旅行好きですが東北地方には殆ど行った事がありませんので
機会があれば訪れたくなりました。
硫黄とか・・・ 
すごい温泉もたくさんあるそうですし♪

No title

パノラマ写真綺麗ですね。
1枚の写真かと思いました。
今度ぜひ270度の世界を見せてくださいね。
楽しみにしてます。

鉱毒水の話知らなかったです。
今の原発問題と同じですね。
負の遺産を残してしまったんですね。
今日は勉強になりました。
ありがとうございました。

愛されている妻さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

ここに限らず、人は過去に過ちを犯してる事
知ってるはずなのになぜ、また同じような事を
繰り返すんでしょうかね?
虚しいです(-"-)

コンタローさん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

こんな時代背景があったなんて全く知らず・・・
行くなら下調べしとけ!って感じですよね(~_~;)

山の中の廃墟は、夜は一段と不気味だと思います
心霊スポットにもなっちゃってるらしいですヨ

過去に同じよな経験をしてるのに
人はまた同じような過ちを繰り返すって・・・
なんででしょうね(-"-)

かやさん、いらっしゃいませ♪

コメントありがとうございます(*^_^*)

雲の上の都市と聞いて、真っ先思い浮かべるのは
やっぱり「ラピュタ」ですよね
宮崎駿、恐るべし!です(笑)

アスピーテラインは景色はキレイだし
広々しててドライブにもってこいの道でした
たぶん源太岩あたりで停車しないと
この廃墟には気付かないと思いますヨ

そうそう、原発だって本体のみならず
除染した物をどうすんの?って
テレビ見ながらいつも思ってます
人って同じ過ちを何度も繰り返す生き物なんですね(-"-)

かやさんは栃木県の方だったんですね♪
足尾銅山は日光に行く途中チラッと見たことがります
そう言えば足尾銅山も過去に鉱毒事件があったんでしたよね(-"-)

応援ありがとうございまーす(*^_^*)

どまそらさん、いらっしゃいませ♪

はじめまして♪
ご訪問&コメントありがとうございます(*^_^*)

にわか知識ですが、読んでいただけてうれしいです
こんな時代背景があるとは全く知らずに行ってました(~_~;)
西部警察・・懐かしいです(笑)

私も旅行や温泉が大好きです
特に温泉は硫黄臭い方が好きです(笑)
東北地方にはいい温泉がたくさんあります
八幡平にも良さげな温泉がたくさんありましたヨ
今回私達が訪れた藤七温泉もメッチャ良かったです(*^_^*)
機会があったらぜひ♪

美雨 さん、いらっしゃいませ♪

いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

パノラマ写真の事に触れてくれたのは
唯一、美雨さんだけです(笑)ありがとうございまーす(笑)
年末に白馬へ行くので天気が良かったら
山頂から山並みを撮影してみたいと思います!(^^)!


鉱毒水の話は私も全然知りませんでした
勉強になったなんて、私もにわか知識で
お恥ずかしいです(~_~;)
鉱毒水といい原発といい
人って同じ過ちを何度も繰り返す生き物なんですね(-"-) 

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです