2016年9月 みさきまぐろきっぷ

2016年9月 三浦・三崎
09 /26 2016

スッキリとしない天気が毎日続きますね

秋晴れが恋しいです

9月の初旬 台風一過の晴れ渡ったある日

友だち4人と 三浦半島三崎口に行ってきました

皆さんは 『 みさきまぐろきっぷ  』 というものをご存知ですか?

私は友人に教えてもらって初めて知ったのですが

これが とてもお得な切符なのです

電車&バス乗車券+選べるマグロ食事券+選べるレジャー施設利用券

これらがついて 品川から なんと3060円なのです

他の主要駅からの販売もあります

詳しくは 京急のホームページ をご覧になってください


では ちょっと長いですが 

おばちゃん5人組の珍道中を どうぞお付き合い下さい

朝 8時に品川駅に集合しました

いつもより はるかに早起きしましたヨ(苦笑)

品川を出発して 終点三崎口までは 約1時間の道のり

京浜急行は 基本は通勤電車ですが 各車両に後方に

対面席が左右 ひとつづつあり そこを陣どった我々は

すでに ハイテンション気味でした(笑)


16三崎2
手前 T香  奥はA子  右は S枝

 

京急はリラックマの 絵柄でした



16三崎1



かわいかったので 一緒に記念撮影



16三崎3
左から T香 S枝 E子 A子



いつもは もう一人 Pちゃんがいるんですけど

今回は家庭に事情で不参加でした

残念。。 次は 全員参加できるといいね♪

あと 私(まんた)は カメラマンに徹してるため

今回は ほとんど登場いたしません 


三崎口に到着し まずは 選べるレジャー施設利用券の中から

水中観光船の 『 にじいろさかな号 』 に乗船することにしました

(通常は 大人1200円です)



16三崎4



港を出発すると



16三崎5




間もなく 城ヶ島大橋が見えてきました



16三崎6


16三崎7



城ヶ島大橋をくぐり 外洋に出ます



16三崎8



ここで 記念撮影(笑)


16三崎9
左から E子 T香 S枝 A子


外洋は やはり波が荒いようで

岩が ずいぶんと浸食してました


16三崎10




岩の向こう側が 魚がいるポイントのようです

遠くには 房総半島が見えました



16三崎11





餌付けしてるので 船が近づいただけで 魚たちが 寄ってくるそうです




16三崎12




にじいろさかな号は 半潜水式の水中観光船で

船内から ガラス越しに魚を見ることができました

まるで 水族館のようでしたヨ

熱帯魚っぽいの めばる メジナ イシダイ ふぐなど

想像以上に魚が多くて ビックリでした

スミマセン 船内からの撮影は うまくいきませんでした💦

なので船の上から撮影

まき餌をすると いけす状態になりました(笑)



16三崎13




魚の観察を終えて 船は 港に戻ります

帰りの船でT香が カモメに餌やりたいと言いだし

船内で売られてたカモメのえさを ガンガン撒き始めました



16三崎14




すると 飛んできたのは カモメではなく トンビばかり



16三崎15




でも鳥好きの T香はかわいいと 満面の笑みでした(笑)

観光船は 40分くらいの乗船でした

港の戻り 次は 選べるマグロ食事券を使い 腹ごしらえ

30店舗から好きな店を選びます



16三崎15-



私達は 港の近くにあった 鮮味楽というお店に入りました

食事券で食べられた マグロ丼



16三崎16



マグロ 美味しかったです

私 マグロが大好きです

目の前で A子と E子も 美味しそうに食べてました




16三崎17




食後は 城ヶ島へ行こう!とバスに乗り 終点の城ヶ島バス停へ

無計画で来た割には 乗り継ぎもうまく 順調に事が進んで行く感じ(笑)




16三崎18




すごく天気が良くて 空が青くて きれい

気持ちいいのなんのって!



16三崎22





でもネ メチャメチャ暑かったです

なにも こんなに暑くならなくても!って感じでした

その暑さにも負けず  まだまだ ハイテンションなT香(笑)




16三崎20




城ヶ島灯台で 記念撮影



16三崎23
まんた A子 E子 S枝




全く登場しないのも 行ってないようで寂しいので 

1枚だけ入れてみました(笑)




16三崎24





私の記憶が 間違ってなければ 

昔 城ヶ島に海水浴に来たことがあります

その時は 海が汚かったイメージがあるんですが・・・



16三崎25



なんかすごく きれいで ビックリしちゃいました



16三崎26
左から T香 A子 E子 S枝




いつから こんなきれいだったんだろう?

私達が 城ヶ島に来た目的は ミシュラン二つ星として紹介された

馬の背洞門と ウミウ展望台を見るつもりだったのです

でもそこは どうやら一つ手前のバス停で降りなければいけなかったようで

どうしても見たかった私達は 海岸線を歩いて行くことにしました

このメチャメチャ暑い日に しかも持ってたペットボトルは

すでにカラ 冷静に考えれば やや無謀でした(笑)

遠くに うっすらと見えるのは 大島です




16三崎27




先を歩いてた T香は 馬の背洞門を見たい一心で

ずんずん進んでいきました



16三崎28




私も まだ余力があったので あとをついて行きましたが

後ろを歩いてた3名が  

『 もう ここから見えるからいいじゃん! 』 と言い(笑)

T香と私は もう少し そばまで行けば迫力あるんじゃない?

などと抵抗してみたものの 3名に負けて




16三崎29


  

 ここで 記念撮影して 終了ー



16三崎30




この後は 冷房の効いた店に入り かき氷を食べて帰りました

店の中で帽子を脱ぐと まるでサウナから出たみたいに汗をかいてました

おしまい

最後まで 読んでいただきありがとうございました



ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります
スポンサーサイト

2016年9月 休暇村 日光湯元

2016年9月 赤城山 ~日光湯元
09 /21 2016

赤城山 下山後の話です

金精峠を抜けて 奥日光に向かいました

こちらは 湯ノ湖です



16日光湯元3



今回の宿は 湯ノ湖のほとりに立つ

休暇村 日光湯元

湯ノ湖には何度も来てましたが 

休暇村があることは・・ごく最近知りました💦





16日光湯元2




1泊2食付き 大人 14760円プランでした

別途入湯税が150円

休暇村の中では やや高めの料金でしたが

部屋(こちらは和室タイプ)も なかなかオサレで




16日光湯元1






食事もおいしかったです

朝食はバイキング 夕食は サラダなどはバイキングでしたが

それ以外の物は テーブルに運ばれてきました

てっきり 夕食もバイキングだと思ってたので

写真を 撮りそびれちゃいました(^^;)

そして 温泉はこちら 

内湯です




16日光湯元4




泉質は 硫黄泉のにごり湯でした

露天風呂と 壺湯



16日光湯元5



↑ 壺湯は 小さいバスタブに入るような気がして 

私は あまり好んでは入りませんでしたが

試しに ちょっと浸かってみるのも悪くないかもです

残念ながら 夜は曇ってしまいましたが

晴れていれば 満天の星空が見れるそうですヨ

機会があったら またぜひ泊まってみたい宿です



ここから下は 話が戻りますが

赤城山の覚満淵の写真です

天敵が 少ないようで ここのカモ達は

かなり ぽやっとしてて のびのび泳いでました(笑)



16覚満淵1




これらはの写真は 今年のお盆休みに撮ったものです



16覚満淵2




お盆休み中 私達は日帰りで赤城山に来てました 

でも 天気が今一つで 登山は断念

覚満淵を散歩して帰りました

その時の写真が これらです




16覚満淵3




雲の流れが とても速くて




16覚満淵4




でも そのおかげで幻想的な写真が撮れました

おしまい


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2016年9月 赤城山

2016年9月 赤城山 ~日光湯元
09 /08 2016
先週の土日 9/3 4 に 1泊で赤城山へ行ってきました

雲は多めでしたが お天気は良かったですヨ

今回は 赤城山最高峰の

黒檜山 → 駒ケ岳に向かうくルートを歩きました

ちなみにルート図は こちら


最近の私達は 運動不足でしたけれど

これくらいなら 歩けるだろうと軽い気持ちで行き

痛い目みました💦


ではスタートです

おのこ駐車場に車を止めて

黒檜山登山口に向かいました



16赤城山1



9時過ぎくらい まだ さほど混んでませんでした

歩いてる途中で見かけた看板

↓ クリックすると大きな画像になります


16赤城山2




以前 私は 大沼を 『おの』 小沼を 『この』 と読むと

紹介しました 確かにそう書かれてる看板もありました

が  こちらの看板は おおぬま こぬまと書かれてました・・・

いったい どちらが正解なのかわかりませ~ん

黒檜山登山口までやってきました

駐車場からは15分くらいで 

ずっと舗装道路を歩いてきました



16赤城山3




が 出足から いきなりの急こう配 

マジか・・・




16赤城山4




岩だらけなので 足を高く持ち上げねばならず

普段の生活で 足を高く持ち上げて 歩くことなど

ほとんどない私は  最初から めっちゃツラかったです

汗だくになりました

少し登ると 眼下に 大沼が見えました 

フゥー 少し休憩



16赤城山5




しかし まだまだ先は長い




16赤城山6





いつのまにか 後ろから ワンコが近づいてきました




16赤城山7




軽快に歩くその姿は

私より はるかに速い



16赤城山8




でも 抜き去って行く時 一瞬止まり

こちらに 訴いかけるような眼をしました

飼い主さんに ムリヤリ連れて来られました

実はツラいんです 助けてくださいと言ってたっぽい(笑)

その後 ヘロヘロの私は なんとか

黒檜山山頂と 駒ケ岳への分岐点までやってきました



16赤城山9




看板に 小沼の上方に富士山と書かれてましたけど

雲が多くて その姿は 全く見えませんでした




16赤城山10



まず先に 黒檜山山頂に向かいました

黒檜山山頂に到着 1827.6m 




16赤城山11
 



山頂は 狭かったです

展望台まで 2分と書かかれてたので そちらに向かいました

展望台までは ほぼ平坦な道





16赤城山12




平たんな道って なんて楽なのかしら♪

右側には雲海?が見えました




16赤城山13




展望台からの眺めです



16赤城山14


16赤城山15




雲がなければ きっといい眺めだったろうと思います

展望台では 多くの人達が 昼食を食べてました

私達も ここで昼食の予定でしたが 人が多かったので

ここでは昼休憩は取らずに 駒ケ岳へ向かうことにしました

黒檜山山頂まで戻り 駒ケ岳方面に少し下ると

鳥居がありました



16赤城山16




安全祈願をしました めっちゃ疲れてたし~

では 駒ケ岳へ



16赤城山17



駒ケ岳へは 一旦下り また上ります

少し下ったところに 眺めは イマイチでしたが

ひらけた所があり 人もいなかったので 昼休憩することにしました

休憩しないのは やっぱり良くないですもんね

そこから見えた 駒ケ岳です



16赤城山18




ただ休憩した所は 日陰がなくて暑かったです

では 駒ケ岳へ

駒ケ岳へは 上ったり下ったりを繰り返しました

歩いていると たまに 大沼が見えました


16赤城山19



↓クリックすると大きな画像になります


16赤城山19-






駒ケ岳山頂に到着です 1689.2m




16赤城山20




休憩した所から 駒ケ岳の山頂までは 

そんなに遠く感じませんでした

山頂からの眺め



16赤城山21


16赤城山22




きっと ここも雲がなければ いい眺めだったのだろうと思います

暑いなぁと思いましたが ススキがいっぱいでした





16赤城山23




やっぱり 山は もう秋なんですね

では 下山開始です



16赤城山24




ここからは 下る一方

こちらのルートは 階段が整備されてたので

歩きやすかったです



16赤城山25




でも 長い階段って膝が痛くなるのが難点です

今回は それほど痛くならなかったですけど

夫は 相当痛そうでした

駒ケ岳登山口まで降りてきました



16赤城山26





とりあえず 無事に戻ってこられました

でも 足が すご~く疲れ

その後は ものすごい筋肉痛に襲わました 

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです