2015年5月 雲見霊廟(くもみれいびょう)

2015年5月 伊豆(沼津港~黄金崎~大田子海岸~堂ヶ島~南伊豆)
06 /28 2015





室岩洞を出発した私達は 次に 

国道136号線を 南伊豆町方面に向いました 

しばらく走っていると  国道沿いに 

ひっそりと 長~い階段がありました





15雲見1






『 いったいここは 何だろ( ̄ー ̄?).....?? 』 と

階段を上ってみました

階段の両脇には お墓や石仏が並んでました





15雲見1-




『 なんて 読むのかなぁ? 』 と  

その時は わからなかったんですが

帰ってきてから調べたら 『 くもみれいびょう 』 と

読むのだと知りました 更に 階段は続きました




15雲見2





よくわからない スペースがあったり…






15雲見3





ここは いったい … (´・ω・`) ?

階段の上には 頑丈なコンクリートの建物がありました

建物には 煙突や 排気口があって・・・

夫が 『 もしかして ここ 火葬場じゃないの? 』 と言いだしました 

いくらなんでも この階段の上まで遺体を運ぶのは大変じゃない? と 

思いましたが むやみに 写真を撮ってよい場所かも

よくわからなかったので その後の撮影はやめました

後日 調べたら 霊廟(れいびょう)とは 

先祖や偉人などの霊を祭ってある宮ことでした

コンクリートの建物の中には どうやら入れたようです

でも 火葬場かも?と思い ビビってた私達は

怖くて中を 覗くことができませんでした(苦笑)

そもそも ここも室岩洞と同じ 石切り場跡だったようです

国道を造った際にでた 墓塔群を この石切り場跡に移転したそうで

その時から ここは 町の人達の 信仰の場になったようです

雲見霊廟を 立ち去る時の私達は まだ ここがなんなのか

わかってなかったので 夫が 『 うちら 呪われないよねぇ?』 と

えらく 心配してました(笑)  もちろん 大丈夫でした



この後は 千貫門(せんがんもん)に向かいました 

千貫門は 以前も書きましたが 相互リンクさせていただいてる

棚本氏から 教えてもらった場所です

千貫門の遊歩道を進んでいくと 海岸線に出ました




15雲見4




この日は 天気が悪いうえ 

波が えらく高くてですね




15雲見5




波にのまれるんじゃないかと

ちょっと 心配になりました




15雲見6



波が来ると マジ怖かったです

明日は また天気が回復する予報だったので

撮影は そこそこにして 



15雲見7




また明日 来てみることにしました

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります
スポンサーサイト

2015年5月 室岩洞

2015年5月 伊豆(沼津港~黄金崎~大田子海岸~堂ヶ島~南伊豆)
06 /22 2015




予報通り  翌日は 雨が降ってしまいました

どこ行こうかなぁ?と 車を走らせていると 

室岩洞という看板が 目に入りました





15室岩洞1
 





車を降りて 看板を読むと フムフム( ̄ω ̄)

↓ クリックすると大きな画像で見れます




15室岩洞2





室岩洞とは 採石場跡でした

『 とりあえず 行ってみるべ! 』 と 階段を

トントンと降りて行くと 入り口がありました





15室岩洞3





写真は やや明るめに写ってます

雨が 降っていたせいもあって 実際は 

かなり薄暗~く おどろおどろしい感じでした 

入り口の 土の中には 小さなカニが たくさんいて



15室岩洞4




これ 素揚げにしたら美味しいかも? なんて思いました(笑)

中へ進んでいくと ライトアップされてましたが




15室岩洞5




いかにせん 照明の数が少ない・・・ (-""-;)


入って すぐは まだいいほうで




15室岩洞6





↓ クリックすると 大きな画像で見れます




15室岩洞6-


15室岩洞6+





奥に進むにつれ どんどん 暗くなっていきました 

地下水が溜まった石室の跡





15室岩洞7





フラッシュをつけて 撮ったので 写真は 

それなりに 見えてますが 実際は  

目を よ~く凝らさないと 見えないほどでした


この穴の向こうなんて もうホント 真っ暗でしたヨ 

(フラッシュで 先が見えてますけど)




15室岩洞8





真っ暗な穴の向こうは コウモリの 

けたたましい鳴き声だけが 響いてて 

くぐるのが メッチャ怖かったです






15室岩洞9




あちこちに 地下水が溜まってました

後日 写真を見て 気がついたんですけど

どうやら 照明はあったようです 

でも かなりの電球が切れてたみたい (-""-;)




15室岩洞10





↓ クリックすると大きな画像で見れます




15室岩洞11




↑ 上の2枚の写真は (石の写真と説明文)

肉眼では ほとんど見えてなくて 

たぶん このへんにあるんだろうなぁ? という

感覚だけで撮りました(苦笑)



地下水は 澄んでて とてもきれいでした




15室岩洞12




室岩洞を 抜けて 一旦 裏側の展望台にでました



15室岩洞13
                           



15室岩洞14
      ↑ ここから出てきました





裏側の展望台


15室岩洞15




残念ながら 雨で なにも見えませんでしたが

晴れてると 富士山も見えて きれいな海岸線らしいです



↓ クリックすると大きな画像で見れます


15室岩洞16





説明文にもありますが 石材を切り出していた頃は 道路がなかったため 

石材は この場所から海岸へ 斜面を滑り下ろし船で運び出されてたそうです

かなり長い 急斜面だったので ここを人力で下してたのかと思うと

昔の人って すごいなぁと思いました

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2015年5月 堂ヶ島 ニュー銀水の夕食

2015年5月 伊豆(沼津港~黄金崎~大田子海岸~堂ヶ島~南伊豆)
06 /10 2015





今回は 部屋食でした

私は どちらかと言うと食事は 食事処で食べるのが好きです

部屋に運ばれると なんだか落ち着かなくて 

食後に 部屋に戻ってきて のんびり寛ぐ方が好きです



皐月の献立は こちらでした

手前 前菜  右上は小鉢(海藻のサラダ)




15銀水9




右下の食前酒は ニューサマー酒 

オレンジ風味のお酒でした

柑橘の中に ニューサマーオレンジと言う 

品種があります それは伊豆の特産品だそうです


そして 今回のお料理の 一番の目玉は 

ジャ~~ン! 伊勢海老のお造り 



15銀水10




頭に ピントが合っちゃってますけど(苦笑)

前に書いた事がりますが 私は

日本人には珍しい 海老があまり好きではない人です

海老の中で好きなのは 桜エビ(笑)

でも この伊勢海老は プリップリッしてて美味しかったです



金目鯛の煮つけ



15銀水11




お造り



15銀水12




焼物  

金目鯛と 有頭海老と サザエ


15銀水13





サザエって 引っ張り出すと 

一番下に 黒い部分があるじゃないですか?

皆さんは あそこは食べますか?

私は 食べたことがなかったんですが

今回 初めて食べてみました 別にフツーに食べれました

茶碗蒸しです



15銀水14




実は 茶碗蒸しは 具が 少ない方が好きです

具がなくてもいいくらい(笑)

見た時 おっ!わたし好みか?と思ったんですが

さすがに旅館の茶碗蒸しは それは できなかったようで

混ぜると 中から ごっそり具が出てきました(苦笑) 


揚げ物

豆腐海老真薯と 筍磯部揚げ



15銀水15





伊勢海老頭で作った味噌汁と ごはん

(お造りで残った頭)




15銀水16




水菓子は くずきりでした



15銀水17




レモン風味で冷たくてサッパリ 美味しかったです

満腹になりましたけど いつもより余裕でした(笑)

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2015年5月 堂ヶ島 ニュー銀水

2015年5月 伊豆(沼津港~黄金崎~大田子海岸~堂ヶ島~南伊豆)
06 /08 2015





この日の 宿は 堂ヶ島 ニュー銀水

1泊2食付きで 大人1名 17000円  

別途入湯税 150円 

いつもより ちょっと 高めの宿

プチ贅沢をしました(笑)




15銀水1




敷地の広い 広々とした 大きな宿でした

部屋はこちらです






15銀水2




踏み込み+和室10帖

窓からの景色は こんな感じで 

三四郎島が見えました




15銀水3





翌日は 雨の予報だったので 

夕方には すっかり曇っちゃいました

まぁ この日 予定していたことは

ほぼ クリアできたので  …ま、いっか(* ̄ω ̄)

少しくつろいだ後は 温泉♪温泉♪

温泉に向かうのは エスカレーターを使いました



15銀水4




長いエスカレーターは 

まるで 地下鉄の駅みたいでした(笑)




15銀水5




こちらは内湯



15銀水6





そして こちらが 露天風呂です




15銀水7




いつものことですが 温泉の写真は どれも 男湯です

さすがに 女湯にカメラを 持って入るのは抵抗があるもので💦

女性の風呂のほうが もう少し眺めが良かったです

のんびり温泉に浸かり 部屋に戻ると 夕食の準備が始まってました




15銀水8




ほぼ整ってから 写真を撮ったので

ビールが すでに置かれてますけど(笑)

今回 部屋食でした 夕食の話は次回

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2015年5月 堂ヶ島遊覧船(洞窟めぐり)

2015年5月 伊豆(沼津港~黄金崎~大田子海岸~堂ヶ島~南伊豆)
06 /04 2015





次は 堂ヶ島に行きました

堂ヶ島と言えば 遊覧船が有名です

ってことで 早速 遊覧船に乗りました!(`・ω・´)




15堂ヶ島1





運行コースは 4コースあるみたいでしたが

この日は 洞窟めぐりのみの運行でした

乗船時間は およそ20分間で 大人は 1200円 

だいたい10分間隔で 出発していたので もし混んでたら

無理に乗船しなくても 次のを待てばいいかなって感じでした


あと 車の駐車場は それなりに たくさんありました

基本 駐車料金は どこも無料っぽかったですけど 

呼び込みのおじさんがいる 駐車場もあったりして 

一瞬 えっ!? って 印象を受けました

初めて行って誘導されると やっぱり ちょっと焦りますよね💦

私達は 加山雄三ミュージアムの駐車場(無料)に車を止めました

加山雄三ミュージアムには 入らなかったんですけど(笑)



では 出発!



15堂ヶ島2




桟橋近くの 波は穏やかでしたが 駿河湾に出ると 

結構 波が高くて 立ち上がると 体が揺れて

手振れが 激しかったです💦




15堂ヶ島3






これは↓  亀岩?とかいう名前でした





15堂ヶ島4





亀が 陸に乗り上げてるように見えるからで

もう少し 沖から見た時のほうが もっと 亀っぽかったです


これは 象島




15堂ヶ島5





まさしく 象の形によく似ているからです

そして こちらは 三四郎島です




15堂ヶ島6





3つの島からなる 三四郎島は 海の干満の差により

陸と地続きになる(トンボロ現象)が起きる 不思議な島です

干潮になると 幅約三十メートルの浜ができて 足をぬらさずに

三四郎島まで 渡ることができるんだそうですヨ

見どころは 他にも あったんですが 

船の揺れが激しくて うまく写真が撮れませんでした💦  

 
そして 洞窟めぐり 最大の見どころの  



15堂ヶ島7




天窓洞(天然記念物)へ 入って行きました

中は ちょっと薄暗く 洞窟の奥に見えてきたのは




15堂ヶ島8




青く輝く海 ちょっと緑っぽいですけど




15堂ヶ島9






手振れが激しくて 写真が ピンぼけです💦

修正したんですけど 見づらくて すみません

これが 洞窟の上にあく穴です





15堂ヶ島11





ここから 差し込む太陽の光が




15堂ヶ島10





ピンポイントで 海を青く染めてました




15堂ヶ島12




なかなかきれいな 光景でしたヨ

最後に 天窓洞を見て 遊覧船は終了になりました




15堂ヶ島13


15堂ヶ島14




晴れてないと この光景は見れないので

遊覧船は 晴れてる日がお勧めです

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです