2014年10月 黒岳~牛奥ノ雁ヶ腹摺山(秀麗富嶽十二景)

2014年10月 秀麗富嶽十二景(湯ノ沢峠~白谷ノ丸~黒岳~牛奥ノ雁ヶ腹摺山)
10 /29 2014





次に 私達は 黒岳を経由して

牛奥ノ雁ヶ腹摺山を目指しました

↑ これは 何と読むかわかりますか?

『 うしおくのがんがはらすりやま 』 と 読むそうです

長ったらしいので 皆さん 略して 『 ウシガン 』 と 呼ぶそうですが

私達は 何を勘違いしたのか ずっと 『 ウシガシ 』 と言ってました(笑)

なので 以後 ウシガシと言う名前が出てきます



白谷ノ丸を出発すると すぐに 樹林帯に入りました

少しだけ 紅葉が 残ってました




14ウシガン4





マーカーを頼りに進めば 迷うことはないと聞いてたのですが

『  えっ? マーカーは どこ? ∑('◇'*)!? 』 

『 どっちに進めばいいの?  …(・▽・;)? 』 って感じで💦 




14ウシガン1
 



とりあえず 谷にさえ向かわなければ 大丈夫だろうと 

やみくもに 坂道を上りました もう メッチャ不安でしたヨ  =w=;

で たどってきた道は こちらです↓  




14ウシガン2





もう フリーダムったら (苦笑)

後で見つけたんですが ↓ これが マーカーでした




14ウシガン3






こんなに ちっさいの 気づかんぜよ!  ( ̄‥ ̄)=3

こんな調子に 山道をさまよいながら 黒岳の山頂に到着しました





14ウシガン5



14ウシガン6





ここは 標高が 1988m でしたが 周りが

木に囲まれていたので 展望はありませんでした

ここで スニッカーズをムシャムシャ食べながら しばしの休憩

MAPには 湯ノ沢峠から 黒岳までは 1時間と書かれてたんですが

それって 相当 必死に歩いてこないと 到着できそうにない時間でした

あとは かなりの健脚者ならこれるかも?

MAPって 普通は 平均的な時間か もしくは

少し長めの時間が書かれてるじゃないですか・・・

私達は よっぽど遅かったのかなぁ?…(-""-;)  

山道を さ迷ったから?

写真を撮ったり 景色見てたら 1時間半くらいはかかっちゃいました





黒岳を出発すると やたらと 倒木が目立ち始めました





14ウシガン7


14ウシガン8






あまり 登山客が多い山ではなかったので

それほど 手をかけられないのかもですが  

それにしても 足元に 木がゴロゴロ転がってる 悪路




14ウシガン9





かなり 歩きにくかったです

チェンソーを 貸してくれれば なんなら 私が切りますけど?(笑)

しばらく歩くと 倒木地帯を抜け 笹原地帯にでました




14ウシガン10





山道は 上ったり 下ったりを繰り返してて

ここは 黒岳の山頂より 標高が 低かったです




14ウシガン11





この辺は ちょうど谷なんですね





14ウシガン12







↓ 笹原を上りきった あの一番高い所が ウシガシか?…( ̄ー ̄?).....??




14ウシガン13






笹原の坂は 思ったより 勾配がきつく




14ウシガン14





よほど 私の上ってる姿が 辛そうに見えたんでしょうか?





14ウシガン15





すれ違ったおじさまに 『 ここ キツイよね 僕もそう思ったよ 』 と言われました

そして 上りきると

  ・
  ・
  ・ 
 

『  Σ(=д=;)ぅ…! まだ先がある・・・ 』





14ウシガン16






ガックリ肩を落とし 先を急ぎました





14ウシガン17






そして これが ウシガンに向かう 最後の上り

もう ひと踏ん張り





14ウシガン18






途中で 『 はぁ~~ ウシガシ まだかぁ~? 』 と 言ってたら 

すれ違った方に 『 もうすぐだよ 』  と 声をかけて頂きました

見知らぬ皆さん 声掛け 本当に ありがとうございました 




牛奥ノ雁ヶ腹摺山 山頂に到着




14ウシガン19





ここで お昼ご飯にしました

おにぎりを食べてると 昼過ぎから曇りの予報が

見事に当たっちゃいました (まぁ 朝から曇は多かったですけど)




14ウシガン20





どっぷり曇り空 ドヨ~~ン

この方角に 富士山が見えるはずなんです

富士山どころか 景色が ほとんど見えなくなってました ガッカリ(´・ω・`)

ここから 小金沢山までは 展望の良い稜線歩きが続くらしいのですが

このまま 進んでも 景色は望めそうになかったので 

この日は ここまでにして また天気の良い日の

いつか リベンジすることにしました



この後は とっとと 引き返し 湯ノ沢峠にある お花畑に行ってみることに!(`・ω・´)

やはり 帰りのほうが 来た道が わかってる分 早かったような気がします

朝 出発した地点を通り過ぎて 5~6分進むと 門がありました





14ウシガン21






花を 野生動物が食べちゃうらしく お花畑は 柵で囲まれてました

門を開けて 中へ (入ったら 門は必ず閉めます)

さすがに この時期は 花はなかったのですが ススキが広がってました

 


14ウシガン22





振り返ると 湯ノ沢峠から白谷ノ丸の途中の紅葉が見えました




14ウシガン23






紅葉は やはり 赤が 華やかですネ

ここが お花畑の中心です




14ウシガン24





ススキが 一面に広がってて 見事でした




14ウシガン25




おしまい



ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります
スポンサーサイト

2014年10月 湯ノ沢峠~白谷ノ丸(秀麗富嶽十二景)

2014年10月 秀麗富嶽十二景(湯ノ沢峠~白谷ノ丸~黒岳~牛奥ノ雁ヶ腹摺山)
10 /24 2014






東北旅行記の途中ですが・・・

ここで またまた ちょっと違う話を

東北の話が ちっとも進まない💦・・・勘弁してください



・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*



今回は 話がやや長いですが お付き合い下さい

先週の土曜日 10/18に 湯ノ沢峠に行ってきました

始めは 谷川岳に紅葉を見に行くつもりの私達でしたが

秋の谷川岳は それは 多くの人々が紅葉を見に訪れるので

登山道が渋滞すると聞き どうしようかなぁ?と 少々悩んでおりました

しか~も 10月に入ってから 2週連続で週末に台風が来たもんで 

天気の良くなった先週末は 皆さん 一気に訪れるはず

これは たぶん大変なことになるぞ!と思い 予定を変更して 

湯ノ沢峠~小金沢山に登ってみることにしたんです

たぶん 多くの方が 『 それどこ ( ̄ー ̄?).....?? 』 と 思われたと思います

皆さん 秀麗富嶽十二景ってご存知ですか?

私は 全然知らなかったんですけど 私のよく読む山ブログで

紹介されてまして これは行ってみよう!(`・ω・´) と思いたったのです

秀麗富嶽十二景 とは しゅうれいふがくじゅうにけい と読みます

山梨県大月市に散らばる12個の山域で 富士山が綺麗に見える山々だそうです

秀麗富嶽十二景 を クリックしていただくと気づくと思いますが 12の山頂は

1つの山頂に 2つの山が含まれてるものもありますので 実際の山の数は19座あります

今回は その中の2番山頂 牛奥ノ雁ヶ腹摺山と小金沢山に行ってみることにしました



では スタート

地図は拡大して A-3 をご覧ください

地図参照


私達が たどろうとした ルートを ざっと説明しますと

当初の予定では 大菩薩領に車を止めて 石丸峠まで歩いて登り

小金沢山~牛奥ノ雁ヶ腹摺山を経て 白谷ノ丸まで縦走する予定でした

でも 車で行った私達は また来た道を 引き返さねばならない

そうなると とてもじゃないけど 時間が足りないってことに気が付きました

そこで 急きょ 予定を変え 湯ノ沢峠まで車で行き  あとは

行けるとこまで 上ってみよう!という なんとも 

アバウトな 登山計画をたてました(苦笑)

↓ 湯ノ沢峠に向かう林道です





14湯ノ沢峠1




林道といっても この辺は 舗装された道だったので難なく行けました

ただ 天気予報では 昼過ぎまで晴れの予報だったのに 

すっかり曇っちゃった (´・ω・`) テンション だだ下がりの私 

これじゃ 富士山見えないじゃん  ( ̄ε ̄;)



しばらく進むと 三叉路に出ました

そこを 右に曲がり 湯ノ沢峠を目指しました

(写真では奥に向かう道です)






14湯ノ沢峠2





ここから先 湯ノ沢峠までの約2㎞は 未舗装 

かなりのダートコースでした でも 乗用車でも大丈夫でしたヨ


駐車場に到着





14湯ノ沢峠3





土曜日だったせいでしょうか 朝 8:30で ほぼ満車でした

↑ 写真の右奥の建物は お手洗いです


身支度を整え 出発すると すぐに 避難小屋がありました




14湯ノ沢峠4




扉を開けて 中を覗いてみると 布団があって寝れるようになってました






14湯ノ沢峠5






では 湯ノ沢峠に向かいまーす !!!(・ω´・*)ノピッ!





14湯ノ沢峠6






階段を 4段上ると・・・ トン トン トン トン






14湯ノ沢峠7






はい 湯ノ沢峠に到着です! ちかっ(笑)






14湯ノ沢峠8





『 発砲注意 』 の看板が やや気になりました(苦笑)

左の道が これから行こうと思ってるルートで小金沢山方面の登山道です

少しだけ 青空が見えてきました 紅葉がきれい (*´ω`*)




14湯ノ沢峠9





では 出発!

自分の 背丈よりも高い 熊笹の中を進むのは 怖かったです

熊鈴を ジャラン ジャラン鳴らして歩きました




14湯ノ沢峠10





溝みたいな道で 足場が悪かったです

道すがら 所々に  紅葉が残ってました





14湯ノ沢峠11






しばらく歩き続けると 山の稜線に出ました

晴れてきたけど 雲が多い (-""-;)  予報と違うやん





14湯ノ沢峠12



14湯ノ沢峠13






↓ こちらは 大月市方面です






14湯ノ沢峠14







大月市方面は なにやら 幻想的な風景になってました

では 引き続き 上りまーす !(`・ω・´)






14湯ノ沢峠15



14湯ノ沢峠16




急な坂道を それなりに 上ってきたつもりだったんですけど

白谷ノ丸は まだ遠く





14湯ノ沢峠17






登山道は 上ったり下ったりを繰り返す道でした

私 ハイキング気分で来たんですけど・・・ 思ったよりキツイ💦





14湯ノ沢峠18






↑ きっと あの上が  白谷ノ丸 !(* ̄ω ̄)

上りきって





14湯ノ沢峠19






おおー 着いたか?? 

いや まだ 先があった …((( (-。 -; )





14湯ノ沢峠20






そして 坂を上りきると

おおーーー ついに 白谷ノ丸  \(*^▽^*)ノ ウォー




14湯ノ沢峠21



14湯ノ沢峠22






まだ ほんの序盤なんですけど 

こんな調子で 大丈夫なのか私?





14湯ノ沢峠23






でもね 眺めが良くて 気持ちよくて 疲れが吹き飛ぶ感じでした

少し休んだら さぁ また上るぞ!って気分になれました

↓ 南アルプスと 甲府市街




14湯ノ沢峠24





ただね・・・ 

こっちの方角には 本来なら 富士山が見えるはずなんです






14湯ノ沢峠25






・・・・・・(・ω・。) ジーッ 

目を凝らしてみても やっぱり見えない

私って どうも 富士山と相性が悪いらしく

近くまで来ても 見えないことが 多々あるんですヨ (´・ω・`)シュン

また今回もか。。 

しばらく 粘ったんですが見えなくて

仕方ない 諦めて出発するか・・・と 2~3歩?歩き出し 

なにげに後ろを振り返ったら

『 見えたぁぁ~~~!』  思わず叫んでしまいました 





14湯ノ沢峠26





上の方が ちょっとだけでしたど

富士山 でかいっ!ー( ゚д゚)

南アルプス連峰よりは もうちょっ大きく見えるかな?と

思っていましたが 予想を はるかに越える大きさでした

望遠レンズを覗いてみたら 登山道がよく見えました





14湯ノ沢峠27





全景が見れたら さぞ絶景だったろうなぁ・・・

まぁ 見えただけでも 良し!としますか

この後は 黒岳に向かいました

つづく



ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2014年7月 乳頭温泉(妙乃湯)夕食・朝食

2014年7月 南三陸さんさん商店街~栗駒山~乳頭温泉~八幡平(藤七温泉)~網張温泉~だいこんの花
10 /21 2014





最近 めっきり涼しくなりましたね

なんたって 日中と 朝晩の寒暖差が激しい

我家も ついに 羽毛のふとんを出しました

おかげで ぬくぬくよく眠れます(笑)



・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*




さて 間が空きましたが 前回の続き 食事編です

朝夕食とも 食事処でいただきました

前菜 (わらび割り醤油 鰆西京焼き オクラ胡麻和え 磯つぶ貝旨煮

    鴨照り焼き 紅鱒押し寿司 食前酒は 山桃酒でした)



14乳頭温泉13




生ビールが 銅のカップに入ってて いい感じ♪




稲庭うどん 

稲庭うどんも秋田名物でしたネ  柚子風味が良かったです




14乳頭温泉14





お造り (田沢湖産 紅鱒と岩魚)




14乳頭温泉15





焼物  鰻蒲焼 




 

14乳頭温泉16





この日は たまたま土用の丑の日でした



鍋物は 秋田名物 きりたんぽ鍋




14乳頭温泉17





私 きりたんぽ鍋は たぶん初めて食べたと思うのですが

きりたんぽに 旨みが染み込んで とっても美味しかったです

酢の物 じゅん菜




14乳頭温泉18





じゅん菜は 旬だったんですね 

栗駒山荘でも出ましたし





煮物 ビーフシチュー




14乳頭温泉19






ごはんは もちろん あきたこまち

そして きのこ汁と漬物 






14乳頭温泉20





漬物は たくあんをいぶった こちらも秋田名物の いぶりがっこ

パリパリ歯ごたえが良く 素朴な味わいが おいしかったです

この宿は 食事に力を入れてるようで どれも おいしかった

あと器が とても おサレでした 

ただ きのこ汁は ちょっと 飲みにくかったですけど(苦笑) 

デザートは メロン




14乳頭温泉21





そして こちらは 翌朝の朝食



14乳頭温泉22





朝食と 昨日の夕食は 食事処は異なりました



14乳頭温泉23




朝は 日差しの入る部屋でさわやかでした

朝から なんだか とても のんびりした気分になりました

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2014年7月 乳頭温泉(妙乃湯)

2014年7月 南三陸さんさん商店街~栗駒山~乳頭温泉~八幡平(藤七温泉)~網張温泉~だいこんの花
10 /12 2014





台風19号が接近中ですね

18号 19号と この時期に2週連続で台風がやってくるなんて💦

皆さんも くれぐれも ご注意ください

前回の18号 まんた地方は思ったほど影響もなく通り過ぎてくれました

今回も そうであってほしいです



・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*




では 東北旅行記の続きです

7/29 乳頭温泉 に1泊しました

今回私達が 泊まった宿は 妙乃湯 です

川のほとりに建つ こじんまりとした宿でした





14乳頭温泉1






中に入ると まずは 抹茶が振る舞われ チェックインの手続きをしました  






14乳頭温泉2



14乳頭温泉3







1泊2食付きで 一人 14000円 別途入湯税が150円でした

1泊だし 寝るだけだからと 8畳の和室を予約しましたが






14乳頭温泉4





でも・・ 温泉宿に泊まる時は いつも だいたい10~12畳の部屋を

予約するもんで なんだか すご~く狭く感じて窮屈でした

やっぱり もうちょっと広い部屋にすれば良かったです

では 早速 温泉へ




14乳頭温泉5






この下の 2つの湯船は 混浴の露天風呂です




14乳頭温泉6



14乳頭温泉7






川のせせらぎを聞きながら ぬるめの湯船だったので のんびりと浸かれました

タオルを巻いて入るのがOKだったので 夫と一緒に浸かることができました

私は 乳頭温泉 って 名前からして 乳白色の硫黄の温泉だとばかり

思い込んでいたのですが いろいろな泉質が7種類もあるんだそうです 知らなかった💦

ここ 妙乃湯は2種類の泉質を持ち






14乳頭温泉8





濁っているのが 弱酸性鉄泉です

肌の修復効果のあるしっとりとした湯です

そして 透明なほうが ナトリウム炭酸水素塩泉




14乳頭温泉9




クレンジング効果が高い泉質だそうです

女性には嬉しい泉質ですよね(笑)




14乳頭温泉10


14乳頭温泉11





大浴場は 上の2つと 下の2つがそれぞれセットで

時間で男女入れ替え制になりました

そして こちらは 貸切風呂です 

時間は 45分だったか50分 無料で入れました




14乳頭温泉12



14乳頭温泉12-




ここも 川のせせらぎを聞きながら入れましたが

お湯は ちょっと熱めでした

乳頭温泉は 何泊かして 湯めぐりするのが楽しそうです

でも 夏は ちょっと 向かないかなぁ~

次回は お食事編です

つづく




ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2014年10月8日 皆既月食

日記(2008年~
10 /09 2014





東北旅行記の途中ですが ここで ちょっと違う話を

今日は この話題をする人が多いかもですね~

昨日 3年ぶりに 皆既月食 がありました

皆さんは ご覧になりましたか? 私は しっかりみました !(`・ω・´)

前回が 2011年だったそうですが その時も私は見たんだっけ??

う~~ん (-""-;)  3年前のことは すっかり忘れている私です

昨日はお天気も良く 寒くもなく 観測には最適でした



19:03 半分欠けた 月食





14月食1








斜め向かいのお宅のニャンコが 夜遊びしてたんで

ニャンコと 一緒に天体ショーを楽しみました(笑)





14月食2






な~んて ニャンコは道端をコロコロしてただけなんですけども(笑)

この子 長年 顔を突き合わせてるんですが ちっとも慣れてくれないんですヨ

勝手に 庭を掘ったりしてるのを見逃してやってるのにぃ~




19:54  最大月食 赤く染まった月 






14月食4







↓ これは 単に手振れした写真です(苦笑)





14月食3






いつもは つれないニャンコですが

昨日の夕飯のサンマが 功を奏したのか

私の指先の匂いを嗅ぎに 近寄って来ました





14月食5






おかげで ちょびっとだけ背中をナデナデできました





14月食6





フワフワで 可愛かったです (*´ω`*) 

おしまい




ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2014年7月 イワカガミ湿原

2014年7月 南三陸さんさん商店街~栗駒山~乳頭温泉~八幡平(藤七温泉)~網張温泉~だいこんの花
10 /06 2014





地獄釜から戻り 次は乳頭温泉に向かう予定でした

が 滞在中に 部屋の窓から見えていた 湿原がどうにも気になって

出発する前に その湿原に ちょっと寄ってみることにしました

何がそんなに気になってたかと申しますと 湿原に 

赤い植物が 生えているのが見えたんです

こちら 湿原の駐車場から見た 栗駒山荘の全景です




14イワカガミ湿原1





山を下ると青空が広がってました

建物の右側は 大浴場です

私達が泊まってた部屋は 一番上の階の 左から2つ目か3つ目でした

部屋の窓から見えていた湿原は イワカガミ湿原です





14イワカガミ湿原2






でも この時期は イワカガミは咲いていないので 

いったい 赤い植物は 何だったのだろう?と 気になっちゃって






14イワカガミ湿原3






ね? なんか 全体的に 赤い植物が生えてますでしょ?






14イワカガミ湿原4





これは いったい?と ワクワクしながら

近づいてみたんですけど… 

その正体は

   ・
   ・
   ・
   ・



   ・ 
   ・
   ・





14イワカガミ湿原5




食虫植物でした

ふ~ん ( ̄ε ̄;) な~んだって感じで その場を立ち去りました

つづく


ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

2014年7月 地嶽釜散策

2014年7月 南三陸さんさん商店街~栗駒山~乳頭温泉~八幡平(藤七温泉)~網張温泉~だいこんの花
10 /01 2014





先週 御嶽山が噴火しましたネ

私 過去 3回ほど御嶽山に登ったことがあります

でも 恥ずかしながら 私 この山が活火山だということを知らなかったです

だって 噴煙とか全く上がってなかったし~

ロープウェイで ある程度の高さまで行けるので 手軽と言っては

なんですが 割と気軽に登れる山と言うイメージでした

かなり山に 精通されてる方はともかく 一般の登山客の

多くは たぶん 私みたいな感覚じゃないでしょうか?

今年 また行ってみようか?などと話していた矢先の

出来事だったので ひょっとしたら私も?と思うと 

他人事とは思えなくて 結構ショックでした

自然の猛威って思わぬところで起きるもんですね

噴火に巻き込まれた多くの方々 本当にお気の毒です



・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*



では 前回のつづき

栗駒山荘を チェックアウト後に 地獄釜を目指して 

昨日とは ちょっと異なるルートから出発しました





14地獄釜1







進んでいくと 分岐点があり 持っていた地図を見ると 

右に曲がると 地嶽釜へ向かうようになっていました

しか~し この右に曲がるルート 通る人が あまりいないのか?

なんだか けもの道っぽくて… 不安 (-""-;)








14地嶽釜2






標識もあるにはあったんですが 薄れててよく見えない

『 ホントに こっちでいいのか? 』  と戸惑いましたが

とりあえず 進んでみました

しばらく 草をかき分け 歩き続けると

突然 周りが開け 正面に 地嶽釜が見えました





14地嶽釜3





おー あった~ (`・ω・´) 

思わず地嶽釜のほうへ駆け寄りました

さっきまで 足元は土だったのに 地獄釜が見えた途端

急に 柔らかい 砂地に変わりました

地嶽釜は 昔の噴火口らしいです




14地嶽釜4





そして 走ってきた方角に目をやると  まるで 砂浜のようでした  

ここは 硫黄精錬跡地らしいです





14地嶽釜5





その後 地嶽釜を回り込むように進みました




14地嶽釜6





しばらく進むと 地獄釜のほぼ裏側の位置に 

賽の磧(さいのかわら)がありました





14地嶽釜7





賽の磧の向こうには 剣岳




14地嶽釜8





剣岳は ツンツン尖ってて 今にも 崩れそうでした 

それから ここで ウグイスが 鳴いてました

ホーー ホケキョ !!!

それが ここの立地の関係なのか その声が反響して

まるで エコーがかかってるみたいで 聞いてて 心地良かったです

鳴いてるウグイスも さぞ気持ちがいいだろうなと思ってしまいました(笑)




14地嶽釜9





この先は 木道が設置してあったので その上を歩きました

木道の右側は 火山っぽいのに 




14地嶽釜10





左側は 緑の湿原が広がってました

火山と湿原が隣り合わせで 歩いてて不思議な感覚でした




14地嶽釜11



14地嶽釜12





さっきまで 青空だったのに また急に雲ってきちゃいまして





14地嶽釜13




やっぱり山の天気は 変わりやすいですネ

前にも載せましたけど 猫岩 




14地嶽釜14





本当は 名前はない岩ですが 私が勝手に命名しました(笑)

夫は ネズミ岩と言ってましたけどネ


つづく



ブログランキングに参加してます(*^_^*) 
ポチ!ポチ!ポチッ!と押してくれるとうれしいです
banner2.gif
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます はげみになります

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです