2012年8月 茶臼岳1 【殺生石と千体地蔵】

2012年8月 殺生石・千体地蔵~茶臼岳
09 /28 2012





8/24  茶臼岳に行ってきました !(* ̄ω ̄)

わが家から 茶臼岳までは 車で 2時間半くらいです

東北自動車道 黒磯板室インターを降りると

まぁ こんな所に アウトレットが!?∑('◇'*) 






12茶臼1




那須ガーデンアウトレット


ちょっと 覗いてみようと 行ってみると

  ・
  ・
  ・




12茶臼2





まだ 朝早くて 開いてませんでした (ё_ё;)

帰りに 寄ってみましたけど 今回は 何も買いませんでした





その後 茶臼岳に向かっていると

途中に 殺生石(せっしょうせき) という所がありました





12茶臼3






駐車場(無料)に 車を止め 木道を 進んで行くと 

左側に 無数の お地蔵さんが並んでいました






12茶臼4







千体地蔵です






12茶臼5







もともとは これらは 教傅地蔵(きょうでんじぞう)と

呼ばれてたものらしいですが 長年 風雨にさらされた地蔵は

首がもげ 形も定かではなくなってしまいました

そこで 地蔵を 復元しよう! という計画が 立てられました

しかし この一帯が 国立公園だったため 

国からは 許可が下りず 計画は 一時中断を 余儀なくされたそうです

その後 有志の人達の熱意と 県の働きかけにより 復元計画は 再開されました





12茶臼6





後日 調べて 知ったのですが

こちらの お地蔵さんは すべて

櫛田 豊さんという方が 1人で 復元されているそうです

1つ1つ 手彫りで 現在も まだなお 復元作業は続いています

30年以上かけて 現在は 700数十体になったそうです





12茶臼7






お地蔵さんの手が すごーく 大きかったです



お地蔵さんを見ながら 奥に進むと

突き当たりに 殺生石(せっしょうせき)がありました





12茶臼8






殺生石 言われは いろいろあるみたいですが・・・

単なる 大きな岩でした(苦笑)




それより 皆さん!

こっちのほうが すごいんです

誰が 積んだか わかりませんが

この見事なバランス ーー( ゚д゚)





12茶臼9





ねー すごいでしょ? 

接着剤で くっついてんのか?と思ってしまいました(笑)





そして 最後に これは みょうばんの採取場の復元です

(殺生石の 入り口近くにありました)







12茶臼10







徳川時代に 那須の人々は 湯の花(みょうばん)を 年貢の代わりに収めたそうです






12茶臼11


12茶臼12






夫と 湯の花って 固まると 珊瑚みたいだねと 話しました


つづく



読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト

2012年7月 吾妻路

万座温泉(2007年~2012年)
09 /24 2012





牛池の帰りに  中之条駅近くにある 

そば屋 吾妻路 に寄りました




12吾妻路1






ここは 前にも紹介した事がある お店です

おいしい店だったので また行ってみました

この日は すでに午後2時を 回ってたいので

待つこともなく すんなりと入れました

今回注文したのは 吾妻路1200円です

変わりそばと もりそばのセット 

または 田舎そばと もりそばのセットの 2種類から選べました

せっかくなので 私達は 2種類 頼んでみました



写真は 左が 変わりそばで 右が 田舎そばです





12吾妻路2





どちらも 非常に コシが強くて おいしい(*´ω`*)
 
変わりそばは 薄いピンク色だったので

梅干し? 赤シソかな?(特に香りはない)と思い

店主さんに尋ねてみると なんと∑('◇'*)!? トマトでした

近いうちに イタリアに行かれるので

イタリア国旗の 三色を 出したくて いろいろ試されてるとか

『 緑と白は 比較的 出しやすいんですけど 赤がどうもね・・・ 』

思考錯誤してると 話してくれました

ちなみに 奥に写ってる 野菜の天ぷらは 別注文で 700円


少ししてから もりそばが 運ばれてきました

これが どちらのセットにも付いてくる もりそばです

(写真は 1個しか撮りませんでしたけど)





12吾妻路3





変わりそばや 田舎そばが とてもコシが強い分

もりそばが 柔らかく感じました





〆の そば湯




12吾妻路4






ドロッとしてて そばだぞ!っと 主張してるみたいでした(笑)



会計の時に 店主さんに 

イタリアには イベントか何かで行かれるんすか?(。・_・。)と尋ねると

『 いえ 実は イタリアに出店するんですヨ 』 

 す…すご~いΣ(=д=;)ですね

『 いやいや 良かったら食べに来て下さい 』 と言われました

ぁ…。ハイ(ё_ё;)  めっちゃ遠いですけどね(苦笑) と答えました





店を出た後 夫が 万座温泉で 

帰り道に 安くて いい日帰り温泉施設があるよ と

教えてもらったと言うので 寄ってみました



小野上温泉 さちのゆ





12温泉センター1






泉質は ナトリウム塩化物泉で 掛け流し

料金は 時間制 で 私達は 3時間 500円で入りました

安いですよね


この温泉センター すごいんです(  ゚д゚ )

なんと 洗い場の シャワーも 源泉かけ流しなんですヨ



以上で 今回の旅は 終わりです

最後まで お付き合いありがとうございました

おしまい




読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪

2012年7月 牛池

万座温泉(2007年~2012年)
09 /21 2012




志賀草津道路は 途中で 県道(466号)と交差しました

そのまま 志賀草津道路を 進めば 草津温泉へ行きますが

県道(466号)を 進むと その先は 万座温泉です

この日 私達は 万座温泉で 1泊しました

私達は たびたび 万座温泉を訪れます

でも 訪れるのは ほとんどが 雪の時期です 

(雪の時期は 県道(466号)は 閉鎖) 

なので この県道(466号)を 通るのは 3回目くらいでした




万座温泉に着くと さすがに そこは 見慣れた景色

そこに 熊四郎山の山頂を目指す 遊歩道なるものを見つけました






12五葉松1






こんな所に 遊歩道があったとは!?∑('◇'*)

いつも 雪に埋もれてて 全く 気が付きませんでした

山頂の 見晴らし台までは 30分くらいとのこと

(山頂は 写真中央の とんがった山のてっぺんあたりです)

せっかくなので 少し 散策してみました

遊歩道は 思ったより 勾配がきつかったです 

甘くみては いけなかった (ё_ё;)



鳥居が建っている穴は 熊四郎洞窟です





12五葉松2





他に 薬師堂があったようです(私達は 気がつかなかったけど)

これらを お参りしながら 山頂に向かうのが定番みたいですヨ 

上ってる途中で 下を眺めると 私達が 万座温泉で 

一番 宿泊してるであろう 『 日進館 』 という温泉宿が見えました





12五葉松3





この宿は 慣れてないと 迷子になってしまう宿です

通路が 非常に 入り組んでて まるで 迷路のよう

外から見ても やっぱり 入り組んでそうに見えましたネ(笑)

目を 少し右に向けると・・・ 

こんな所に 湯畑が!?∑('◇'*)  知らなかった・・・








12五葉松4






万座温泉は 知ってるようで 案外 知らない事が多いみたいです

遊歩道は まだだまだ 上へと 続いてましたが

横着者の私達は 上まで行ったところで

たいして 景色は変わらないだろうと 中腹あたりで 上るのをやめました

帰ってから この遊歩道の事を書いた ブログを見たんですが 

頂上の 見晴らし台からの写真が載ってて・・

やっぱり 頂上まで行けば良かったかなぁ。。 と少し後悔しました


この日の宿は 万座ホテル聚楽

1泊2食付き 夕食時 60分フリードリンク付きで

7500円の格安プランで泊りました

このプランは 前に利用して メッチャお得だったので 

性懲りもなく また 来ちゃいました(笑)

私のブログでは 過去に何度か ホテル聚楽の話が 出てきます

なので 今回は 宿の話は 割愛させていただきます

ホテル聚楽の話を ご存じない方は こちらの 過去記事 をどうぞ




翌日は 万座プリンスホテルの裏手にある

『 牛池 』 に行ってみました





12牛池2





紅葉が とても キレイらしいです

私達は やはり ここも いつも 雪で埋まってたので

ここに 池がある事すら 知りませんでした (ё_ё;)

何回 来てても 知らない事ばかりでした



この花を 見た瞬間 『 馬みた~い 』 と思って

パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

 




12牛池1





でも 写真に撮ってみたら そうでもなかったです(苦笑)



昨夜は 雨が降ったので 道が ぬかるんでました

そして 事件は 起きたのです
  
   ・
   ・
   ・



夫が スッテンころりん 転びました 

ぁーぁ(-""-;)  泥だらけ  

よりによって なんで こんなに所で転ぶんだ (;∇;)

皆さん ぬかるんだ道は 

たいへん 滑りやすいので 気をつけましょう





牛池は 1周20分とのことでしたが

かなり ゆっくり歩かないと 20分は かかりません




12牛池4


12牛池5





池に写り込む 紅葉が 楽しめそうです


池の周りに生えていた モウセンゴケ





12牛池6




きれいなトンボが 捕まって 食われてました


つづく



読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪

2012年7月 芳ヶ平自然休養林

草津(2008年~2012年)
09 /17 2012






ボヤッとしてると あっと思う間に 時は 過ぎるもので

ブログの更新が 出来ぬまま また 先週が 終わってしまいました (ё_ё;) 

今週こそ 順調な更新を♪ と 毎週 思い続けてる私です

毎日 アップできる人って ほんと スバラシイ

いったい どうやってるの? 教えて頂きたいです



さて 前回 白馬に行ってきたと話したので

今回は 白馬の話だろうと 思われた方もいると思います

残念ながら 違います (ё_ё;) 

7月に ちょこちょこと 出かけて撮った 

写真が そこそこ溜まってまして・・・ 

このままでは 確実に お蔵入りしそうなので 

まずは そちらから 消化していきます

お付き合いください





・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*





7/5 6  梅雨の 真っ只中に 

芳ヶ平自然休養林に 行ってきました

下は 志賀草津道路から 草津方面を眺めた写真です




芳ヶ平1





霞んでますが 正面の ごちゃごちゃと建物が 

並んでいるのが 草津の温泉街です


志賀草津道路とは 草津温泉から 天狗山を通り 

日本国道最高所(標高2172m)のある

渋峠を抜けて 長野県の湯田中まで続くルートのことです

途中 白根山などの 景勝地があり とても 

風光明媚な道として知られています

その中に 芳ヶ平自然休養林もあります






こちらが 志賀草津道路から見た 芳ヶ平自然休養林です






芳ヶ平2






白根山北麓の 標高1800m~2300mに位置し

四方を 美しい山々に囲まれ 中心部には 湿原が広がっています

ここは 紅葉が とても有名です

でも 私は まだ一度も 見た事がないので 

今年こそ 見たいぞ !(`・ω・´)と思ってます

来月に 再び 訪れる計画をしています

湿原内の遊歩道は ビギナーでも楽しめる ハイキングコースらしいです





芳ヶ平3






そして ここは 渋峠の 日本国道最高地点






芳ヶ平4






標高が 2172mあるので 梅雨の時期は 肌寒かったです

ちなみに この道路は 冬の間は 雪で 全線閉鎖になります

ちょっと 読みにくいですが 説明書きのアップです

ガンバって読んで下さい 






芳ヶ平13





なるほど ( ̄ω ̄)フムフム
 




右の方に 目を移すと

遠くに 白根山が 見えました





芳ヶ平5





茶色い部分は 噴火口で 

噴火口には エメラルドグリーンの

湯水をたたえる 湯釜があります

湯釜の記事は 以前に書いてますので 

ご覧になりたい方は こちら をどうぞ




日本国道最高地点を過ぎると すぐに 志賀高原に 入りました





芳ヶ平6





車を降りると 携帯電話の着信音のような 

ミョーな電子音が聞こえてきました

なんだ(▼ω▼)? と 頭上を 見上げると

一羽の鳥




芳ヶ平7





なんという鳥か 名前は わかりませんが 

この鳥の 泣き声 ものすごく変わってました

今回は 志賀高原まで 来る予定では なかったので

サラッと見て そこから また 草津方面に 道を引き返しました


ここは 山田峠です






芳ヶ平8





天気が 良ければもっとキレイなんでしょうけど

残念ながら 霞んでて 遠くまで見渡せませんでした(´・ω・`)

この山田峠のあたりは 周りの山々より 低く 

谷のように なっていたので 風が よく吹き抜けました

その風が 冷たく 体に当たると 気持ち良かったです

足元には まだ雪が 残ってました





芳ヶ平9





紅葉の時期 このあたりは 緑と赤のコントラストが素晴らしい

と聞いたので 次回 訪れた時に

写真に 撮れればいいなぁ と思ってます (。^_^。)



つづく


読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪

2012年7月 八島ヶ原湿原2

2012年7月 白樺湖~車山高原~霧ケ峰高原
09 /09 2012





9月になっても まだまだ暑い日が続きますね

私 先週の 水曜日から ちょこっと 白馬に行ってました 

体が 涼しいのに 慣れてしまったようで

帰ってきたら まんた地方の 暑さが身にしみます (-。 -; )




・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*




さて 前回の続きです

話が ちっとも進まなくて スミマセン


こちらは コウリンカです




12コウリンカ




草原の中に咲く 鮮やかなオレンジ色の花は 目を惹きました



エゾカワラナデシコ




12エゾカワラナデシコ





ナデシコって 見た目は どれも 同じように見えますが

ビミョーに いろいろと種類が あるみたいです =w=;



ホソバノキリンソウ




12ホソバノキリンソウ




ヤナギラン




12ヤナギラン




7月は やはり高山植物が 多く咲いてました



その後 しばらく木道を 歩いていると 

変わった木を 見つけました




12八島ヶ原9





木の先端に 丸いもの





12八島ヶ原10






明らかに 枝とは 葉っぱの種類が違うので

違う植物の種子が くっついて育ったのか? 

謎です( ̄ー ̄?).....??




キンバイソウ



12キンバイソウ1

12キンバイソウ2





群生して咲いていたので とてもキレイでした


あと少しで ゴール (。^_^。)



12八島ヶ原11





カラマツソウ




12カラマツソウ





花びらがなく 白い雄しべが 輪状になるそうです

この様子が カラマツの葉に似ているのが

名前の由来みたいです




ハナチダケサシ



12ハナチダケサシ




高山植物の名前って 変わってて 覚えにくいですネ ( ̄ω ̄)



そして ついに 1周

スタートした 八島ヶ池まで 戻ってきました




12八島ヶ原12





八島ヶ池の 浮島

秋には 紅葉するそうですヨ





12八島ヶ原13





写真を 撮りながら のんびり歩くと

1周 約1時間半かかりました



これで 霧ケ峰高原の話は 終わりです

最後まで お付き合い ありがとうございました (。^_^。)

おしまい



読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪

2012年7月 八島ヶ原湿原1

2012年7月 白樺湖~車山高原~霧ケ峰高原
09 /03 2012





蛙原(げぇろっぱら)から 

北西に向かい ビーナスラインを走る事 約10分

八島ヶ原湿原がありました

別名 七島八島と言うそうです





12八島ヶ原1





何度も言いますが 八島ヶ原湿原は 

霧ケ峰三大湿原の 一つです (他は車山湿原 踊場湿原)

標高 約1632mに 位置する八島ヶ原湿原は 

360種類もの 植物が自生する たいへん貴重な高層湿原だそうです


まずは ヤマホタルブクロ 





12ヤマホタルブクロ





山地に生育し ホタルブクロとは 

額の部分が 少し違うそうです(膨らんでいる)




八島ヶ原湿原には 木道あり 私達は 

湿原を グルッと1周 回ってみる事にしました

湿原内には 池が 3つあるそうです




木道に入り 一番最初に 目に入ってきたのが 八島ヶ池です







12八島ヶ原2







ちなみに 私達は 時計で例えると 『6』のところから

スタートして 右回りをしました!(* ̄ω ̄)

ゆっくり歩いて 1周 約1時間半の散策コースでした



木道を 歩いていると あちこちに

高山植物が 咲いていました


これは アカバナシモツケです




12アカバナシモツケ1


12アカバナシモツケ2





薄いピンク色の かわいらしい花

湿原や 草原によく見られる花だそうです







12八島ヶ原3





木道は ほとんどが 平たんな道だったので 

さほど 疲れはしませんでしたが 日影が少なく

メッチャ 暑かったです ふぅ(-。 -; )


続いて 見えてきたのが 鬼ヶ泉水(おにがせんすい)





12八島ヶ原4






いちよう これが 3つある池の 一つらしいですが

あまり 池って感じは しなかったです  ( ̄ω ̄)



そこから 少し進むと 鎌ヶ池がありました







12八島ヶ原5


12八島ヶ原6





上空から見ると 鎌の形に似ているそうですヨ






12八島ヶ原7






3つの池は 湿原の 左側に 集中してありました




キバナノヤマオダマキです






12キバナノヤマオダマキ1



12キバナノヤマオダマキ2





黄白色の 小さな花は あまり目立ちませんが

ひっそりと咲く姿が 可憐でした






12八島ヶ原8





八島ヶ原湿原の話 もう1話あります

つづく



読んで頂きありがとうございます(*^_^*) 
ブログランキングに参加しています
banner2.gif ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪

まんたさん ♀

かけ流しの温泉(硫黄乳白色の湯が特に好き)とニャンコをこよなく愛するおなごです。ワンコも好きで特に柴ワンは萌え~です(笑)

写真の子は モモちゃん♀
1992. 6.28 生まれ
2009. 7. 3 天使になりました
享年 17歳
我が家の永遠のアイドルです